【感想・ネタバレ】流れよわが涙、と孔明は言ったのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年08月07日

20190706
「 竜は全身が性器なんだ」
「 竜は全身が性器なのか」
「 ノートをとりたまえ。大事なところなんだ」
「 もし俺が雨の中溝にはまって死んでいて、握りしめた拳を開いてみたら紙片が出てきて『竜は全身が性器』と書かれていたら、冥福を祈ってくれるかい?」
「 真面目にやってくれ」
卑怯だと...続きを読むは思わないか?
(p.196)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年09月26日

(伝説の)ドラゴンカーセックスの文字が見えたので買ってしまった。
待ち合わせの時間潰しに買ったはずなのに一気に読んでしまうくらい気楽に読める。
内容は全編パロディ&コメディと思いきや、少し考えさせられるテーマのように見えるナニカだったり予想以上に楽しめた作品だった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年07月18日

パロディとダジャレがテンコ盛り。「走れメロス」とアルキメデスを、名前が似ているだけでくっつけてしまった「走れメデス」とか、無茶なのに、それなりにまとまっているから不思議だ。軽ーく楽しめる本だった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月05日

カクヨムや同人誌への掲載作品に、書き下ろし1編を加えた全5編からなる、著者の短編集第2作。

 表題作の『流れよわが涙、と孔明は言った』は、失態を犯した愛弟子の馬謖の首を斬ろうとするが、硬くて切れないというストーリー。タイトルも有名作のパロディであり、一見インパクト重視の出落ち作品かなと思うも、読み...続きを読む進めれば次々と奇想が展開し飽きさせない。荒唐無稽に思えて、馬謖の首が切れない理由にもSF的回答が与えられていて驚いた。

 また、収録作の中でも特に評価が高いのはドラゴンカーセックスをテーマに書かれた「竜とダイヤモンド」だろう。獣人やドラゴンが実在する世界観で、新聞記者兼泥棒の鹿人と、貧乏貴族ながらなぜかドラゴンを飼育している"坊っちゃん"の物語。なぜドラゴンが車に欲情するのか、筋道立てて説明されている点も素晴らしいが、愛憎の果てに種族を越えた友情を描いたストーリー自体がとても面白かった。

このレビューは参考になりましたか?