【感想・ネタバレ】「けんぽう」のおはなし のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2015年10月24日

憲法というものがどういうものなのか。
井上ひさしさんが、小学校などでお話をした時の内容を絵本のしたそうです。わかりやすい言葉で書かれていて、教科書なんかよりも憲法への理解がすすみます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年01月30日

"きみは世界でたったひとり、だれともとりかえがきかない。
だから、だいじ。
一人ひとり、みんなだいじなのです。"
"広い宇宙のなかで、生物がすめる星が、いったいいくつあるでしょう。
その数少ない星のひとつである地球で、たくさんの試練のつみかさねから人間が生まれました。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年04月21日

憲法って何のためにあるのか、知ってますか?
そんなこと偉そうに言えませんが(笑)、私も最近になって学び直しています。


改憲をしようとする政治家がいる今、
唯一の被爆国である日本は、多くの犠牲を伴った『戦争を放棄』した。どんな背景があって、どんな意図があって今の世の中ができたのか。子供だけでなくて...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年05月11日

シチズンシップということよりも、道徳に近いかな。読む者みなが自己肯定感をもてそうな優しい絵本です。民主的な学級会に取り組んでいる4学年以上の学級には、後押しとなるかもしれません。また、6年生の社会科にあわせて読んでも結構いけるのではないかと思います。

このレビューは参考になりましたか?