【感想・ネタバレ】0から1をつくる 地元で見つけた、世界での勝ち方 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年06月10日

「地方では仕事がない」
そう思う方は多くいらっしゃるように思います。
「そだねー」が2018年の新語・流行語大賞を取り、赤いサイロが飛ぶように売れ、
平昌五輪の女子カーリングで、日本の代表チームロコ・ソラーレ北⾒が銅メダルを獲得したのは記憶に新しい。
著者の本橋麻里さんは、ロコ・ソラーレを設立しまし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月03日

平昌オリンピック 銅メダル カーリング女子代表である本橋さん。

アイデアと体力さえあれば何でもできる!
0から始めることができれば理想に向けた1を作れるとおっしゃいます。

田舎だから、資金が無い、経験が無いからなど
言い訳をしようと思えばいくらでもできたと思いますが
問題解決するために大切にされ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年03月21日

カーリング平昌オリンピック女子代表で
銅メダルに導いた本橋さんの初著書。

自分のカーリングを始めたきっかけ、過去のオリンピック代表経験や
故郷北見市にロコ・ソラーレ北見を設立し、メンバーを揃えていく過程など
とっても詳細に、さらに全く飾らない言葉で書かれていて
また一気にロコが好きになりました。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年09月28日


「ダンナさんが、カーリングに詳しくない」
というところに好感が持てました。

「“何もない”は最強」で「地方を言い訳にしない」というのも、今っぽいなと。

こんな書き方したら、ぶっ叩かれるかもですが、わたし、カーリングをまともに見たことがないんですね。見ようともしてこなかった。それでも、この本はお...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年02月22日

ロコ・ソラーレを結成し、平昌で銅メダルを獲得するまでのストーリー、そこでの学び、想いなど色んな切り口で書いてあります。

変わろうとしている人に読んでほしい、と本人が言っているように、背中をふっと押してくれる、そんな一冊です。

ありがとう、麻里ちゃん。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年08月24日

カーリングの本橋さんが新書を出していたことに興味を持ち、購入。
表紙から察するにビジネスについて語っているのかなと思いましたが、どっちかというと自叙伝っぽかったです。
本の構成としては、カーリングにあやかって、第○章が第○エンド、○投目という作りになっています。途中、ハーフタイムと題して、本橋さんの...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月14日

ラジオにでてて、
楽しくやるのが大事!
というような話をしていて、
おもしろそうだったから読んでみたが
期待外れ

内容的に中途半端というか
自伝的な感じでありつつ
そこでの事を整理しようとしているような気がするが
どちらつかずと感じてしまった

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年03月02日

カーリングの本橋麻里さんよる、チーム論、リーダーシップ論というところなのでしょうけれど、本書はとてもカジュアルな語り口で、本橋さんの講演会を聞いているような気分になります。
さすがオリンピアンだけあって、この若さでしっかりとチームを導いている様子がひしひしと伝わってきます。モグモグタイムで有名になっ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年02月21日

素直な気持ちが良い回転を生んでる魅力を感じる本橋さんの本。カーリングと言うスポーツを、単なる競技から”社会”に広げている求心力をみせつけてくれてパワーをもらいました。

p49 「女性としての人生を大切にしながら、
             カーリングに真剣に取り組む」
 選手として軸を持ち、結婚や...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年02月10日

この本、女性に読んでもらいたいと本橋麻里さんは願っているはず。
ロコ・ソラーレの結成から平昌五輪での銅メダル獲得までのストーリーは、「0から1をつくる」というプロジェクト実現のケーススタディーになっている。
コミュニケーション、チームビルディングといったビジネス書向けの内容である一方で、女性の自己実...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?