【感想・ネタバレ】心理学者が教える 読ませる技術 聞かせる技術 心を動かす、わかりやすい表現のコツ のレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年10月14日

心理学者が、心理学(+脳科学)の観点からどうすればわかりやすく、記憶に残るようなコミュニケーションができるかを書いた本。文章はわかりやすいとも言えないし、少し上から目線なところがあるが、コミュニケーションの上で大切なことも述べられており、勉強になりました。

新しい学び
・わかるということが、「長期...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年07月27日

<目次>
認知表現学の基礎
第1章  わかる技術の基礎~人間の情報処理システム
第2章  表現の目的~自分を知る・心を開放する・伝える
第3章  表現する前に頭の中で起こっていること
第4章  さまざまな「わかり方」「わからせ方」
認知表現学の実践
第5章  気持ちを引き込む表現の工夫~「わかりたい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月19日

文章の書き方や、プレゼンの仕方の指南書。
それらの技術を伝授する本はたくさんあるが、認知心理学の立場から述べているところが、本書の特徴だろう。
つまり、わかるとはどういうことかを解き明かして、その状態をもたらすにはどうするか、という考え方をするのだ。

本書で「わかる」とは、外部から短期記憶に入った...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年02月25日

無邪気に「わからなかった」とか言っちゃいけない本。自分のレベルが達していないだけ、と自白するようなもの(かも)。
認知心理学の視点で「わかる」とは何かを初歩から解説しているのは丁寧だけどまだるっこしいと感じる面もある。
「メタ認知」という概念は、いろいろ解明されていないらしいけど面白いですね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年02月08日

どうすればよいのかをポンッと提示している
よくあるハウトゥー本とは違った。

認知心理学に基づき
なぜそうすべきなのかを解説している。

新鮮なアプローチだがよい表現者になるには
理論、実践、評価を繰り返すことだと
定説に落ち着いている。

実生活に即した例が少なく
実践するには自身で消化することが...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?