【感想・ネタバレ】古代史紀行 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年09月03日

宮脇氏の一風変わった紀行文。カバーの草いきれを感じさせる向こう側に寺院の屋根と五輪塔が垣間見えるイラストがこの旅を象徴して良い。魏志倭人伝、古事記、日本書紀、続日本紀などの古代の記録を頼りに対馬~九州~近畿を巡り、必要に応じ韓国・中国、関東甲信越・東北と旅の範囲を広げる著者のこだわりに、いつもの鉄道...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年02月05日

鉄道紀行作家が年代順に史跡を巡るという、異色の1冊。

壬申の乱のルートを丹念に辿りながら大海人皇子の心情に思いを馳せ、一方で「何かにつけ家を焼き払う」と冷徹な眼差しを向ける。
深い教養とちょっぴりのユーモアは、鉄道ジャンルを離れても何ら変わることはなく、歴史物としても旅行記としてもこの上なく面白い...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年09月02日

案外中国のくだりが面白かった。遣唐使に思いをはせてみたりした。逐一到着時刻を記してあったのが、昔読んでた著書と同じで、懐かしかった。

このレビューは参考になりましたか?