【感想・ネタバレ】いつもぼくをみてる(1) のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年04月15日

山本さほさんの漫画は大好きだけど、ストーリー物はどうだろう…と思ってあまり期待せずに読み始め。案の定1話、2話目辺りで(あ~、イマイチかな…設定もまぁありきたりと言えばありきたりだし…)と感じたけれど…。読み終える頃にはすっかりハマってました。なぜかやたらと惹かれるのは何故だろう。年代が近いから感覚...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年09月26日

子どもは無邪気で純粋でおバカで時に残酷。
私にも、あるある〜クスっと笑えるエピソードの中にも封印してしまった悪意のない出来事も多々あったんだ…この本を読んで蘇ってしまった。
子どもは無邪気で純粋だからこそ、ちょっと不気味なアイツの訴えたいことを受け止められるんじゃないか?
次号が楽しみだ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月08日

胸がぎゅーっとなった。
大人も(私も)昔は子どもだったくせに、いつのまにか忘れちゃうんだ。
見えてた景色とか、感じた匂いとか、教室の空気とか、友だちとの近さや遠さとか、怖かったものとか。
それがこの作品の中にはあった。色濃く。

「それでも町は廻っている」を読んだときにも思ったけど、それを覚えている...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?