【感想・ネタバレ】ンダスゲマイネ。 太宰治 蒼春篇 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2016年08月04日

太宰の青春時代を描いた漫画。絵がうまくてさわやかで、とにかく本作の太宰さんがかわいすぎる。かわいすぎる。ヤバい。初代さんもかわいい。山岸さんはサリーちゃんのパパみたいな髪型だが本人再現率高し。檀さんはやっぱり影が薄い…このまま太宰の最期まで描いてほしかったです。津軽弁もいい感じです。胸がキュンキュン...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月07日

なぜ今太宰治なんだろう?と不思議に思っていたら、生誕100周年だったんだ。
中学生の頃までは「走れメロス」しか知らなかったけど、高校の頃にあれこれ読んだ。
1949年6月19日に心中自殺による遺体が発見されたそう。
ちなみに生まれたのは、1909年6月19日。

著作権の保護期間は、現状作者の死後5...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月29日

なんとも残念な太宰治の青春期

幼少期、思春期、東大学生、心中未遂、初代夫人との結婚、井伏鱒二との出会い、脳裏をよぎる玉川上水の風景…
といった、小説家としてブレイク前の青春時代を順不同で描いたコミック。

絵で描いたような、お坊ちゃん、自己陶酔と自己否定、女性への依存の強い、ダメ人間な素行が描かれ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年09月02日

先日、青森旅行の途中で津軽鉄道に乗って金木に寄りました
太宰の生家である斜陽館はコミックの劇中に少ししか出ていないのに本当に太宰治とその家族達が今でも住んでるような、楽しいような悲しいような雰囲気でした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年02月18日

ここでの指摘のように、自分の経験を美化して作品を書いたという面はあるだろうけど、そのときの飛躍こそが「文芸」なんじゃないかな、と。

このレビューは参考になりましたか?