【感想・ネタバレ】新しい中世 相互依存の世界システム のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年01月28日

世界システム論というのは大仰でやや胡散臭い。
しかし、その印象を超えて説得力のある論を展開してくれた。

何より本書の初出は1996年で20年も前であるにも関わらず
今もその射程が先を照らしているというのが力強い。

ここで想定されている「新しい中世」の特性は一言で言えば
多様なアクターによる相互依...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?