【感想・ネタバレ】かの子撩乱その後 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2009年10月04日

瀬戸内氏が半ばかの子に乗り移られながらも、渾身こめて書いた、二冊の大作を短期間に続けて読み進むうちに、いつの間にか、私もかの子の魅力に惹かれているようだ。
私は、自分の中の文学少女に、ロマン派に、喜んで再会しようと思う。多分、そうすることが、私の中の何かを始めさせる準備となるのだろう。(2005.1...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?