【感想・ネタバレ】はっけよい! 雷電 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年06月11日

おじいちゃんに連れられて国技館にお相撲を見に行った太郎くん。
土俵際で大きな力士が上から降ってきて…。
目が覚めたら…。
史上最強力士といわれた雷電為右衛門(1767年~1825年)と太郎くんの物語が始まります。
まるで落語を聞いているような軽快なリズムに、児童書ということも忘れて、楽しめました。

このレビューは参考になりましたか?