【感想・ネタバレ】三木清教養論集 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年01月25日

この本には冒頭の「読書論」のほかに「教養論」と「知性論」も収録されている。1945年、拘置所で亡くなったこの哲学者の言葉に触れると、思わず、現代の私たちはどう見えるだろうか?などと思われてくる。
「三木先生の時代にすでにあったことが今もより大きなうねりとなって続いているように思いますので、先生の言葉...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?