【感想・ネタバレ】あさは、おはよう -大澄剛短編集- のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年07月04日

大澄剛氏の『あさは、おはよう -大澄剛短編集- (2017)』を読んでみた。 表紙の女性の満面の笑みに惚れ読んだが感動した。 じんわりと心に残るストーリーが心地いいし、やっぱ何年たっても「家族」って思えた。 大澄剛氏の他の作品も読んでみたいな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年12月30日

今年のマンガ納め。
最後の最後にすっごくいい作品に巡り会いました。

大澄剛『あさは、おはよう』(少年画報社)

家族のオムニバス短編。
恋愛、結婚、別れ…などなど、ひとつひとつのエピソードが染みてくるし、繋げ方が物凄く良いです。これは泣く…
年末に色々振り返りながら読むのにぴったり。

帯は絶対に...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

気持ちよく泣けるリアリティ。

enfant 2018年01月10日

登場人物の一人ひとりのキャラが立っていて、人物全体を通すと「そんな奴おらんやろ」なのかもですが、それが嫌味な感じはなく、イキイキしているように思いました。落ち着いたトーンのヒューマンドラマが好きな人にはちょっと騒がしいのかもしれませんが。
ただ、この作品の真骨頂は言動の端々に現れる、心を鷲掴みにさ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?