【感想・ネタバレ】あの頃トン子と のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年08月31日

東北地方の農村で養豚業を営む洋一(アラフォー独身)。その幼馴染で、夢破れ東京から故郷に舞い戻ったマナブ(バツイチ)。二人は退屈しのぎにメスの子豚に「トン子」と名付け芸を仕込み始めるが、利口なトン子は、呼びかけると「ドォンコ!」と答えるまでになった。テレビで紹介され、人気者になったトン子を擁して二人は...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年06月20日

トン子みたいな子ブタが実際にいたら可愛くて可愛くて仕方ないんだろうなと思いながら読んだ。
まず、テンポが良い。主人公の第一人称で話が進むのだがノリがとても良いから読みやすい。洋一とマナブの正反対な感じもまた良いし、誰のことも憎めない。や、それはうそ。最後の最後で出てくる若造にはたまらなくイラっとした...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?