【感想・ネタバレ】世界大恐慌 1929年に何がおこったか のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2011年06月20日

千葉大学名誉教授の秋元英一(経済学)が1999年に講談社選書メチエから出版した書籍の復刊、文庫化。

【構成】
第1章 暗黒の木曜日
 1 マーケットが崩落した日
 2 マイホーム、映画、T型フォード
 3 大恐慌はなぜ起きたか
 4 フーヴァーの失敗
第2章 市民たちの大恐慌
 1 失業者たちの長...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年08月23日

世界大恐慌に至るまでとその政策的な対応への分析、そして当時の人々の様子がうかがえる内容。また当時のケインジアン的な政策をマネタリスト的な視点で改めて分析している部分も非常に興味深い。
またリーマンショックから継続的に採られている各国の経済政策はこの内容に書かれているような1929年の世界大恐慌で起き...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年04月01日

これらの本を読むたびに、金融の功罪、ってものを考えてしまうが答えは出ない。メリットデメリット両方を見極めて、、、といっても見極め切れずにバブルが弾ける。それは歴史が証明している。じゃあどうするのか?

このレビューは参考になりましたか?