【感想・ネタバレ】ストライカーのつくり方 アルゼンチンはなぜ得点を量産できるのか のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年09月03日

この本はアルゼンチンのサッカー界においてストライカーをいかに育成しているのかというテーマが中心の本です。

選手の発掘から始まり育成に至るまでのプロセスについて書かれています。また、アルゼンチン人のサッカー観についても書かれています。

個人的にはアルゼンチンのサッカーは守備が固いイメージで、攻撃よ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年08月02日

アルゼンチンのサッカー環境について描かれております。
特に育成環境ですね。
タイトルと完全に一致するかと言われたら微妙なんだけど、アルゼンチンの育成環境を知るにはいい本ですな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年11月08日

アルゼンチンサッカーに詳しい藤坂さんが、ストライカーを生む国のバックグラウンドに迫ります。

サッカーファンにはおなじみの有名ストライカーの若き日のエピソードがたくさんあり、読んでいて嬉しくなります。
バティ、クレスポ、パレルモ、テベス、ミリート、アグエロ、メッシ等々。

「ストライカー不足に悩む日...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年02月13日

アルゼンチンで長年サッカーを見続けている人が、選手や関係者の言葉を基に如何にアルゼンチンではストライカーが排出されているかを追った書物。選手だけでなく如何に才能を見抜くコーチ陣が充実しているかが分かる。これは日本人も長い年月をかけて選手だけでなくスタッフの育成が大事である事が分かるんじゃないかと思う...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年01月22日

 アルゼンチンサッカーで天才と呼ばれるストライカーが生まれる背景には、ただ単に貧乏から来るハングリー精神というわけではなく緻密な計算や育てる環境があってこそだということがわかりました。
 この本を読んで思うのはただ好きなだけでは限界があり、緻密な計算や計画で限界を乗り越えられるのかなあと思いました。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年09月01日

ストライカーというエゴイストのメンタルを知りたくて手に取った.ここで挙げられてたのは「コンペテンシア」と「レジリエンス」.簡単に言えば「競争」と「逆境をプラスに変える力」のこと.とくに後者はテベスやアグエロに顕著にみられるものらしいが,自分はそれをスラム街からのハングリー精神かと思っていたが,それと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?