【感想・ネタバレ】君の夢 僕の思考 You will dream while I think のレビュー

価格 660円 (税込)
  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2011年09月10日

今までの小説の中の言葉に、写真と一言を加えたもの。
最低でもVくらいまで読まないといみわからないかな。

机の近くにおいておきたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年07月18日

作品の中から、担当さんによって拾われた言葉たち。
詩ではないのですが、とても詩的で素敵です。
写真と英題もついていて、これも良いです。
机においてときどきぱらぱらめくりたくなります。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年07月28日

何度でも読める。
何度でも読んでしまう奴がたくさんいるだろうことを見込んでの丈夫な紙質なんじゃないかと思ってしまって、そこがまた心憎い。
エッセイではないし、写真集でもない。
トーマの写真はこの上なく可愛い。
もう一度彼の作品をぜんぶ読み直したくなります。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年10月16日

森博嗣の
写真と小説の引用と
それに対する考えと
そこに込められた思い。
理論的なのに文学的である言葉。
プレゼントにもいいかも。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年10月14日

今までの著作から抽出した台詞に写真と一言メッセージを添えた名言集。まだ読んでない作品のは飛ばしたのですぐ読み終わった。「大人になるほど、どんどん単純へ向かうんだよ」

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年02月16日

素敵な写真と、小説作品から抜粋したフレーズがまとめられています。
小説中でも煌めいていた言葉たちですが、写真と相まって、はっと気付かされるような瞬間があります。
私は、「濁った水」のページに付箋をペタリとしてあります。

ちなみに私の持っているものは初版なので、表紙の写真はコレとは違います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年01月14日

「本人の評価が最も重要である。他のものは、すべてゴミだと思っても良い」…ですって。ですって!!そんな数々の金言ももちろん良いですが、写真のタイトルの付け方にも味があります。たまにぱらぱら眺めたい一冊。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

おしゃれな世界観に入り込みたい時にはピッタリという感じですね。
といっても気を抜いてるとほんとに表面なでただけで終わっちゃってるので気をつけて。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月07日

誰でもいつかどこかで一瞬天才だったはずだ。
それがいつでも思い出せれば、なお天才。

これまた素敵なフォトエッセイ。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年07月02日

森博嗣によるフォトエッセイ集。これまでの作品に登場したきらりと光る言葉の数々に、森氏が写真と一言を添えたもの。
禅問答のような、哲学のようなひねりのある言葉。でも不思議とストンと心に落ちる言葉もあって、手元に置いて、折に触れて開いて、静かな勇気をもらいたくなるような本。
これを契機にまた、森作品を読...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年05月03日

森博嗣氏の書いた本から編集者が抜粋したことばたちに写真と森氏自身による解説を加えたコラボ作品.
森氏の小説はたくさん読んでいる.私も本の中からことばを抜粋して手帳に書きつけたりすることがあるが、抜き出すことばというのは人によって違うんだな、と純粋に思った.

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年10月02日

1枚の写真と1節の言葉を一緒に並べて集めたフォトエッセイ。言葉は、写真と一緒に入ってくると全然違うメッセージになったりするから不思議なもんですね。彼の思考の一端が垣間見えて、「なるほど」と思ったり「確かにそうだ」と思ったり。たまにこういうの読むと、ホッとしますね。
「人間だけが、悲しいのに笑える。嬉...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年03月15日

森作品出色のフレーズがインパクトのある写真とともに紹介。一言ひとことに著者のコメントが添えられている。著者の深奥に近づくとともに、言辞を濃密に味わうことができる。

このレビューは参考になりましたか?