【感想・ネタバレ】ツチヤ学部長の弁明 のレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年01月19日

ツチヤ先生のエッセイ集の中ではこれが一番好きかも。
「学部長って大変」って見えるのはこんな人がやってるからに違いない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月07日

大好き。
身近にこんな人がいたら、毎日ずっと見てしまうと思う。
でも社会的にはものすごいちゃんとしてる人だろうな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

ただただ、笑える。

情けなさ、自分勝手さが素敵すぎる!!

女子大という一見羨ましい環境で、情けなさが
一層光るヾ(´∇`)ノ゙

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

土屋教授の大爆笑エッセイ。

いやはや、相変わらず大爆笑(笑)

今回も、「妻」ネタが最高♪自虐っぷりがたまりません★

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年11月23日

学部長になってしまった?ツチヤ教授の本。
お気に入りは
「神経の太い男」
「哲学をオチョクる方法」
「ことわざの正しい読み方」
どれも電車で読むのは厳禁です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年08月26日

読書録「ツチヤ学部長の弁明」4

著者 土屋賢二
出版 講談社

P278より引用
“学部長の任期は、予定通り満了を迎えた。任期が終わるまで死
なないように努力したのが実ったのである。”

 哲学者である著者による、務める大学のパンフレットや数々の
雑誌に掲載されたエッセイなどをまとめた一冊。
 学...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年06月10日

彼の本は、週刊誌への連載をまとめたよりも、こういう単発の文章をまとめたほうがはるかに面白いものになると思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

土屋教授のエッセイ。いつも通り脳をリラックスさせて読んでいたら、中盤あたりでちょっと難しい内容になったのでビックリ。ホントに哲学者だったんだぁ、と思った本(笑。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月07日

土屋さんの本は初めて読んだけど、なるほど面白い。こんな日本語の使い方があったのかと目からウロコ。
ただ、この人のエッセイはみんな同じに見えてくる。自分がいかに恐妻家であり、学生にもナメられてるかという話が延々と続く..
それはそれで面白いんだけど。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年07月05日

哲学書のフリをした女性嫌いの本、かなぁ。
もちろん、シニカルでユーモラスな書き方なので嫌味はないんだけど、環境が女性だらけとはいえ、あまりにもそれに類する内容が多いから食傷気味。
それだけ女性が優遇されてるってことなんでしょうね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年07月31日

土屋教授のエッセイ集。講演記録や学報からのものもある。

なんか読んだことあるなーと思ってたらハードカバーの方既読でした笑。
相変わらずおもしろい。今回のはお茶大や哲学への愛も感じる笑。だらだらのらりくらりしている中に鋭い指摘もあったり。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

昔好きでよく読んでたが、久しぶりに読んでみるとあまり面白くなく途中でやめた。
昔は大好きだった著者。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

偏屈さがマジなのかポーズなのか、
とにもかくにもヒネクレっぷりが惜しみなく発揮された
大学で哲学を教えている方の書。

でも、ぺダンチックな言葉の羅列でめくらましかける哲学者
よりかは、信頼できると思った。

このレビューは参考になりましたか?