【感想・ネタバレ】純粋ツチヤ批判 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年03月24日

著者のエッセイって昔大好きだったんだけど、ちょっと食傷気味というかマンネリ感を感じてしばらく遠ざかっていた。
久々に読むと、いや面白い。ついついぶっと吹き出す箇所なんかもあって。やっぱ稀有な才能だなあ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年06月24日

個人的には
・天使の辞典(悪魔の辞典ではない)
・良識とは何か
・ノーベル賞と助手の無理解
が好きです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年09月02日

やっぱり面白い。悪妻を持つ人の文章は面白いというのは、本当なのかもしれない。たまにくそ真面目な事を言うのでにくい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年08月17日

2012.08.17

読み終えるのにずいぶん時間がかかってしまった。
これは息抜きに最高だなぁ~なんて思っていると、ふと我に返る文章にぶつかったりする。

一言で言ってしまうと、これまでに発表してきたものの寄せ集めにすぎないのだが、この集め方が素晴らしい。

この人って本当に頭がいいな、と感じた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年07月07日

文春のエッセイと同じように中盤から読み疲れてくる。不思議だ。ツチヤ流は一貫していて,それを面白いと思っているはずなのに。本当に,不思議だ。

文春のエッセイとは異なり,いろいろな媒体に書いた作品?(新聞のコラムや講演内容,等)を集めた本。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年06月27日

パリ リヨン マルセイユ 瀬戸内海 岡山県玉野市宇野 高松 大志をいだいたころ 自然 笑い 過度の重要視から開放 重大視しているものを矮小化する視点 視点を自由に転換する練習 ソクラテス 無知の知 ドストエフスキー トルティーヤ EM BAND kick up 東京大学 法学部 官僚 哲学科 お茶の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?