【感想・ネタバレ】悪戯王子と猫の物語 のレビュー

価格 680円 (税込)
  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2011年08月31日

全ページカラーの贅沢な文庫。
森博嗣の奥様のささきすばる氏がイラストを担当。もう、それだけでひとつの世界が創りあげられていて、涙が出そうです。
一度読んだら消えてしまうお話、というのが、とてもロマンチック。でも、ただ甘いだけじゃない、ただロマンチックなだけじゃない。
非現実的でいてとても自分に近いよ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年07月21日

中央から読み始めると、面白くて、最後まで読んでしまった。
前半はまだ読んでいない。
1. 子供の頃に持っている、世間の慣習にとらわれないものの見方
2. 思わぬ視点から見た、決してでたらめではなく、誰にでも可能な一つの正当な見方
この二つの特徴を持った視点で書かれていると感じた。
この視点は、非常に...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年06月04日

ときどき難解だけど、唐突にするっと入ってくる言葉がたくさん。
この薄い本によくもこれだけの読み応えを詰めたと思う。
そして絵本の本懐、絵がキレイ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年02月22日

ささき氏のイラストがめちゃくちゃ綺麗!!

森氏の絶妙なバランスの物語に驚嘆!!


一度読んだら囚われる。

でも一度読んだら物語は消えてしまう(←そういう設定である)。

そんな幻想世界に浸ってみませんか?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

大人の絵本とあるが、まさにその通り。
散文的に語られる物語、幻想的でどこかエロティックな絵、どちらも申し分ない。
この作品を言葉にするのは無理だ。
ただ読んで感じるしかない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日


やー相変わらず森先生の不思議ちっくな、頭がすっと整理される文はいいですね!
すてき。

ささきすばる氏のイラストも好みだった〜。いいなあ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

文章を書いている森博嗣が好きで、本屋で手にとってみて、絵もとても綺麗で良いなぁ、となんとなく買ったのですが、
とても良かったです。

絵本のような構成で描かれる短編が20
そのどれもが、何かを考えさせ、感じさせる、とても印象に残る本でした。

まだ大人になりきれてはいないけど、
自分が将来...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

そんなに気合入れて作ってなさそうなのに、独特の雰囲気の小噺が20個入ってます。不思議な話ばかりです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年05月10日

20の物語が掲載されている、ささきすばるとの共著の絵本。物語に共通する点は無く、最大で6ページで一話が完結する構成となっている。

絵本と聞くと、こども向けの作品かと感じるかもしれないが、内容は大人向け。

ブラックユーモア、神秘的な内容ありと90ページほどの短い本だが、とても面白い内容であった。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年08月13日

最初みたとき絵本かと思った。
薄いし挿絵もたくさん載っていたから。
だけど読んでみると詩集だということがわかる。
森博嗣の詩はどれも深いものばかりだった。
その中でもピンッときたものだけ書いておく。
『僕は一生懸命走った』
弱虫ペダルに変換して読んだけど少し悲しくなる最後だった。
「もう走っていない...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年07月28日

森博嗣氏とささきすばる氏の作品。
夫婦である両氏の作品で読んでみたいと考えていてようやく読めた。
詩的な文章に独特の世界観をあらわす絵がすごく印象的。
不思議な感じがおもしろく、そして一度読んだら消えてしまうという設定から丁寧に読んでしまう雰囲気があった。
文字が溶けてしまうというのが、読むことで自...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年01月18日

森博嗣ささきすばる夫妻による所謂大人の絵本。
『読んだら文字は消えてしまう』『文字が溶けてしまう』という表現は森博嗣らしい。文字は読めば頭の中で映像に還元される。“映像読み”らしい表現だ。
ゆっくり熱いコーヒーでも飲みながらリラックスして読むのが似合う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

一度しか読むことができない物語。その20物語を悪戯王子と猫が旅する。
すばる氏の絵もとても素敵で、物語としても絵本としても楽しめる作品でした。
私が好きなのは、「汚染」と「かぶり」かな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

最近読書をするテンションになれない為、そのリハビリになるような何かをと探していた時に偶然目にした作品です。まずそのタイトルに釘づけ。王子と猫て!きんきちゃんファンとして避けては通れなかったのさ。ご覧の通り装丁の素敵さも気に入り、我が家へと連れ帰りました。
短編集・・・と言うよりは散文集や詩集って言っ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

森先生の文章とささきすばる氏のイラストのセンスは相変わらず素晴らしい。二人のコラボ絵本類の中でも秀逸。王子の設定が乙です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

綺麗な絵と少し不思議な物語。
大人の絵本みたい。
静かな感じ
金魚バチに入った裸の女の人の絵が一番好き。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

"一度しか読むことができない物語を旅する悪戯王子と猫。彼らが出逢う20の物語は、ときには優しくときには残酷、ロマンティックでしかもリアリスティック。無垢と頽廃を同時に内在する、ささきすばるのイラストと、詩的な森博嗣の文章とが呼応し、次々と展開するイメージ。観念の世界を揺蕩う大人のための絵本...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年03月25日

ささきすばるさんと森博嗣さん夫妻のコラボによる大人向けに書かれたミニ絵本です。うーん、さだまさしさんの笑える血液型の歌「恋愛症候群」ではありませんが、それぞれにO型とB型のお二方の性格・感性がA型の私には少し合わない嫌いがあったのかも知れません。徹底的に暗いという程ではないのですが、でもとてもご陽気...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年05月06日

不思議な雰囲気で始まり、不思議な雰囲気のまま終わった。

森さんの作品で猫が多いのは珍しい気がする。奥さんの影響があったりするのかな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年07月28日

あまり本は持たない方だ。読んだらすぐに売ってしまう。これは数少なく本棚にすーっとしまわれていた本。スカイクロラを読み終わった次の日になんとなしに手を取ると、森博嗣さんが著者でびっくりする。
スカイクロラの輪ペンも感じさせず、あまり面白くなかった。私が歳をとったせいだろうか?恐らく十年以上。絵は幻想的...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?