【感想・ネタバレ】曲線の秘密 自然に潜む数学の真理 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2016年09月06日

惑星運動から振り子の等時性、フェルマーの定理へと、考え方の変遷が物語のように読める本ですね。自然に対してきれいな形を求めてしまうのですが、やはりそう単純なものではないと気付かされます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年06月17日

2次曲線の話から始まり、惑星軌道・振り子の等時性と進んでいき、単位円上の有理点の存在の話から楕円曲線とフェルマーの最終定理へと導かれていく、美しい流れの本。
惑星軌道の周転円の話が秀逸。今まで読んだ本の中で最も丁寧に書かれていた。
ただ個人的には2次曲線の性質を詳しく書いた本かと勘違いしており、それ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年05月03日

 「数学や物理学において現れる、すなわち数理の目で見る曲線について」(p.3)、「天文、等時性を持つ時計作り、曲線の周長問題、それに代数学におけるフェルマーの最終定理など」(p.5)を話題に解説したもの。「円から楕円へ」をキーワードにして、数学や物理学の歴史を辿っていくようなストーリー性があるのが面...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?