【感想・ネタバレ】武士の家訓 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2009年11月01日

ちょっと前の大河ドラマ「風林火山」で、川中島の戦いを前にして、武田信玄と弟である信繁の会話のシーンがありました。
その中で、信繁が家訓を書いたと台詞があったのですが、信繁の家訓がどのようなものであったのか気になる方もおられると思います。
で、この本「武士の家訓」に収録されております。
内容は、武士の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月14日

中世の武将のものであれば、仏教ライクな道徳観が濃厚。さらに親が子を想う、家系存続の願い。攻められ滅ぼされ、ということの無くなった現代人の感覚とは少し遠いか。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年10月17日

時代的な共通性もありつつそれぞれに個性があって面白い。やっぱりその人がどういう経験、苦労をしてきたかによって力点が違うのだろうなと、知っているちょっとの史実なんかと照らしてアマチュアらしいニヤニヤを存分に楽しんだ。
北条氏綱の家訓は感動的だったなぁ。綺麗な人だったのだろうなとひしひし。毛利元就の家訓...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年02月09日

家訓自体は面白い。名のある武将がこんなことをお家に為に伝えたかったのかと分かるから。

ただ作者の解説がしつこい。家訓を読めば分かることをくどくど解説している。ページを増やしたかったのかな?

このレビューは参考になりましたか?