【感想・ネタバレ】世界一わかりやすい「インバスケット思考」 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年11月18日

進め方
まず全体見る、で判断する
各処理は、重要なものから時間を割く

とか、いろいろ書いてありました。

2度3度読んでも良いかなと思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月28日

一日当たりのメール受信量が300件を超え、さらにプレーヤーとしての成果とマネジメントを求められる身で、どうしたら良いのか悩んでいた時に手に取った一冊。
とにかく届いた順にメール返信していた点は大きく反省・・・
今度、著者のセミナーに参加してみようと思った。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年08月25日

インバスケットとは、未決箱という意味。未決箱に入っている膨大な案件を、限られた中で処理をする。その処理の仕方を通じて、自分自身の強みや弱みを確認するとともに、何を伸ばし、克服していかねばならないかを学ぶ、っというもの。
管理職になると、二律背反の事象と対峙しながらも、組織の力を最大限引出成果に繋げる...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月13日

昔、昇進試験でやった。そのときは「未処理箱」って本当のメモが入っていたが、最近は電子メールの「未処理箱」の処理をする前提。何気なくやっている普段の仕事の進め方が、この試験をやると出るらしい。ただし正解は無い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月14日

インバスケットの本は何冊か読んでいるが、前後の物語が読みやすかったことと、緊急度と重要度のマトリックスが分かりやすかったような気がした。

何はともあれ、全体像がわかり20案件の考え方はわかるが、実際1時間で解いてみて解説されるとどうなるかは、やってみないとわからない気がする。

入門書としては悪く...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?