【感想・ネタバレ】ロストワールド私家版 手塚治虫文庫全集 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2010年10月23日

デビュー以前、著者中学時代の幻の作品! 私立探偵のヒゲオヤヂ一行が向かった星は、太古の地球で繁栄していた怪獣が闊歩する、恐るべき“前世紀”の星だった! パイロット版『ロストワールド』!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年10月22日

「これは漫畫に非ず 小説にも非ず」。

中学時代(1940年ころ)に書かれた「ロストワールド」最古の版。1982年に名著刊行会から単行本化されました。後の不二書房版と比較することで、時代背景や設定の違いを見て取ることができます。

残酷な殺害シーンや流血シーンの多さ、さらには力有武氏の切腹→内臓を敵...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年10月01日

もともとの主役は、ヒゲオヤジなんですね。
でも、商業版は、敷島博士(しかも少年)が主人公になっている。

そのへんのバランスは、プロ手塚 治虫なんだろうなぁ。

このレビューは参考になりましたか?