【感想・ネタバレ】マグマ大使 手塚治虫文庫全集 のレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年08月15日

『きわめてユニークなプロローグを期待する読者の失望』

『ここで非現実的な英雄が登場する』

『スペクタクル』

『人間モドキ』

『ぼくのママじゃない!!』

『三人の特撮的怪獣』

『にせものの街』

『帝国ホテルの奇妙な客人たち』

『寄生キノコ』

『ゴアとアースの邂逅』

『恐竜世紀の冒険...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月08日

あとがきがビックリするほど簡素。おそらく手塚にとって本作は、「徹底したエンターテイメントを」というクライアントの発注に従っただけの、思い入れの無い職人仕事だったのだろう。

このレビューは参考になりましたか?