【感想・ネタバレ】絶望の国の幸福な若者たち のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年02月11日

古市さんが大好きだからではなく、本当におもしろく興味深い一冊。

「若者」という言葉は日々耳にするけれど、それがいつ出来た言葉なのか、そもそも「若者」って何なのか考えたこともなかった。
脚注のスタイルも斬新。
単行本当時26歳だった古市さんが、文庫化された時は30歳で、ご自身で「答え合わせ」をされて...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年01月04日

出版当時26歳だった気鋭の若手社会学者である著者が既存の若者論を更新した名著の文庫版です。脚注部分など2015年時点で新たに追加されている部分もあり若者論のテキストの最新改訂版としても読み応えがあります。若者論を歴史的かつ体系的に述べた第一章はそれだけでも価値が高いものだと私は思います。
本書の中で...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年11月23日

就職難、所得低下、非正規雇用、
そして人口減少、少子高齢化…

今の世の中、よい話題をみつけるのは
難しい気がする。

でも、その一方、
世の若者達は、自分達の生活に
ある程度満足しているという統計がある。

地元の友達と遊び、
スマートフォンで知りたいことを
すぐ調べられ、親のもとにいれば、
生活...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月27日

脚注まで隅々読もうとすると情報量が多い。そこがこの本を読む読まないの分かれ道になりそう。
古市さんがどうしてここまで取りざたされているのか正直わからなかったのですが、本書を読んでなるほどと納得。エッジの効いた物言いで問題に切り込みつつも、全体の問題がどこにあるかわかりやすく説明してくれる様に、好き嫌...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年03月26日

若者考察。
「若者」そのものだけの本かと思っていたが時間と国境を超えた論考が多く、注釈も多いので説得力がある内容。
個人的に4,5章は特に読み応えがあるように感じた。

そして時々挟まれるシニカルさが読みやすさを押し広げている気がする。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年12月09日

著者いわく、「若者が書く若者論」。たしかにそう思える内容であるとともに、著者の考察の深さや分析が面白い。絶賛若者してる自分にとって、幸せに感じたことが少ないけど、幸せに感じる理由が「希望がない」ってちょっと飛び過ぎだけど、統計分析まで出されたら反論しにくいじゃん…

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年11月29日

単行本でも読んだけれど、注釈や補筆も増えてるということで、改めての答え合わせ。やっぱりこの本はエポックメイキングやったと実感。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年11月22日

『将来の可能性が残されている人や、これからの人生に「希望」がある人にとって、「今は不幸」だと言っても自分を全否定したことにはならないからだ。

逆に言えば、もはや自分がこれ以上は幸せになると思えない時、人は「今の生活が幸せだ」と答えるしかない。つまり、人はもはや将来に希望を描けない時に「今は幸せだ」...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年04月27日

2019.4/27

未来が下がるからという予想をしているからいつも今が頂点になるっていうのが、すごく面白い人間の心理
どうにか自分が助かるための内的システムを抱えながら誰もが生きている その無意識の反応みたいなものにとても面白みを感じる

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年04月18日

 最近の若者は「ムラムラ化」しているとのこと。狭いコミュニティで仲間たちとなんとなく楽しくつるんでいることを幸福と感じている。これを「村々化」という。 しかし、そうした日常に閉塞感も感じていて、なにか社会貢献とか世界を変える良いことをしたいとも感じて「ムラムラ」している。そんな状況なので例えば災害と...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年01月13日

古市さんが大好き!w
ワイドナショーではあんなにふざけているのに、一方ではこんなに文献調査や街頭調査を重ねていて本当に尊敬する。身近な楽しみに幸せを見出せる若者の姿はとても納得出来る。答えのない問題を扱っているので難しいが、もっとはっきりとした結論が欲しかったような気もする。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年05月23日

若者論。
日本は今後高齢化を始め様々な苦難が想定されている。
けれど、若者たちは日々の日常に満足している、幸福だと答える。

若者論は、大人の自分探しである。なるほど!
社会運動をイベント化したり、居場所としながらもサバサバと解散していく。
若者は一見あまりにも豊かで、簡単にsnsで繋がり、承認しあ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年11月20日

おもしろい!!!!!一章についてはとくに言えることはないが(若者論の振り返りと、若者論は今以降「ない」ということしか言っていないため)、2章では「私たち(の世代)に必要なのは目的ではなく仲間」ということと3章では「大戦にむかって作られた「日本」だが、大戦(敗戦後の敗者復活経済戦含む)が終わって用無し...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?