【感想・ネタバレ】タモリと戦後ニッポン のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年02月15日

1945年敗戦の年に生まれたタモリさん。早稲田大学でダンモのマネージャーをして後、福岡に帰りサラリーマンになったタモリさんが、いかにしてテレビに出るようになったのか。いいともが終わってタモリさんはどう変わって行くのか。昭和の歴史、時代背景とともに描かれている。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月01日

 とても面白い戦後日本文化?史。
 読後、記述にもあった、赤塚氏葬儀での氏の弔辞を思い出した。タモリと言えばジャズ、という印象だったが、懐かしの4か国語麻雀やらハナモゲラ(言葉だけ聞いたことがあった)の話を通じて、日本の大衆文化を記す、というのが面白かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年11月07日

著者のタモリ愛があふれた本.
タモリという存在を通して,日本の戦後をまとめている.
産業界でもなく,歴史の教科書でもない.
でも,日本の歴史のある一面ではあるけれど,人物を通して見た日本の昭和,平成史として面白い.
その人物が,またタモリという存在だから,とらえどころがあるような無いような,でもその...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年09月02日

2016/8/20タモリは終戦の一週間後に生まれている。期待した歴史部分は、少なかったがタモリの生涯を描いた力作だった。★4

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月31日

新書としてはページ数が多いが読み終わってみると飽きない内容。特にタモリの学生時代からのエピソードは興味深い。タモリのようなタレントは今後は出てこないのか。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月24日

フリーライターにより、タモリの足跡を通して戦後ニッポンの歩みを振り返ったもの。芸能を中心に、日本の文化や生活について分析されており、特にタモリの生い立ちについては、膨大な文献により詳細な研究がなされている。タモリやたけし、さんまなどの芸人についての評価も、多数の評論家のものが記載されている。学術的と...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年04月27日

〇目次
序章:偽郷としての満州
第1章:坂とラジオ、そしてジャズ―祖父母に育てられて
第2章:大学紛争とダンモ研狂騒曲―森田一義から「タモリ」へ
第3章:空白の7年間―ボウリングブームのなかで
第4章:ニッポン最後の居候―タモリ出現
第5章:テレビ「お笑い」革命―芸能人と文化人のあいだで
第6章: ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年03月27日

関係する多くの人が登場し、芸能史の勉強になりました。大学を卒業してしばらくののち、福岡でサラリーマン時代があったことがいちばんの驚きでした。タモリさんの面白さを当初、山下洋輔、筒井康隆、赤塚不二夫と、文化人が支持してたことも当時の独自路線であったのかなと思いました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年11月14日

<目次>
はじめに
序章   ”偽郷”としての満州
第1章  坂とラジオ、そしてジャズ~祖父母に育てられて
第2章  大学紛争とダンモ研狂騒曲~森田一義から「タモリ」へ
第3章  空白の七年間~ボウリングブームの中で
第4章  ニッポン最後の居候~タモリ出現
第5章  テレビ界「お笑い」革命~芸能人...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月31日

戦後のテレビ史という印象。
それもタモリを中心に添えて描くので、どこか客観的で醒めていて面白かった。

国民のおもちゃ、いいじゃない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月19日

タモリの生い立ちから、山下洋輔や赤塚不二夫との交流を経て「お笑いビッグスリー」と呼ばれるまでにいたる経歴を紹介しつつ、戦後日本の社会状況とのかかわりについて論じている本です。

「タモリと戦後ニッポン」というタイトルからは、文化史・社会史的な観点からメディアにおけるタモリという存在の象徴している意義...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月06日

タイトルや「はじめに」からは、タモリを通して戦後日本を説明するもののように見えるが、実際の内容はタモリの活躍の歴史をつづったもの。

タモリのTVへの登場したころの話は赤塚不二夫の居候くらいしか知らなかったが、その前に山下洋輔たちとのかかわりからブレイクしていったというくだりが、読んでいてワクワクし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年09月16日

よく調べたなぁと感心するものの、いいとものあたりからくどさを感じた。上京〜帰郷〜再上京のくだりはワクワクさせてもらった。タモさんが見出されるのはその必然性があったと。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年06月11日

とても面白く読めた。ただタイトルからイメージされるほど戦後のニッポンの歴史と密接に関わっている訳ではないと思う。みんなが同じように時代や社会の影響を受けているので、ちょっと大げさなタイトルだと感じた。ただ、内容はとても良くて、タモリという芸人を多角的に分析していて面白かった。昔の夜のタモリをもう一度...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年01月06日

いいともの最終回は確かに事件だった。
もはや、事件なんて起きなさそうに見えるテレビのかつての面影を残す書籍だろうかと手にとった。

あぁ、こんなこともあったような気がする、だなんて昭和の空気を少し吸ったものの、
どうもおもしろくない。
タモリの個人史で十分に面白いはずだが、
歴史と絡めようとしている...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年10月04日

「タモリ」と「戦後ニッポン」
ミスマッチ(?)の妙でしょうか
大変 興味深く 読みました

TVは全く見ないので
タモリさんという人がどんな人なのかも
ほとんどよく知りません
ただ 山下洋輔さんのエッセイの中で
かなり興味深い人であることは
なんとなく思っていました

この本に登場する固有名詞は
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?