タモリと戦後ニッポン

タモリと戦後ニッポン

作者名 :
通常価格 810円 (税込)
紙の本 [参考] 993円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

終戦直後に生まれ古希を迎えた稀代の司会者の半生と、敗戦から70年が経過した日本。双方を重ね合わせることで、あらためて戦後ニッポンの歩みを検証・考察した、新感覚現代史! タモリが各時代ごとにすごした場所をたどり、そこでの人間関係をひもときながら、戦後という時代を描き出してみると……タモリとは「日本の戦後」そのものだった! (講談社現代新書)

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社現代新書
電子版発売日
2015年08月28日
紙の本の発売
2015年08月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2017年04月01日

 とても面白い戦後日本文化?史。
 読後、記述にもあった、赤塚氏葬儀での氏の弔辞を思い出した。タモリと言えばジャズ、という印象だったが、懐かしの4か国語麻雀やらハナモゲラ(言葉だけ聞いたことがあった)の話を通じて、日本の大衆文化を記す、というのが面白かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年11月07日

著者のタモリ愛があふれた本.
タモリという存在を通して,日本の戦後をまとめている.
産業界でもなく,歴史の教科書でもない.
でも,日本の歴史のある一面ではあるけれど,人物を通して見た日本の昭和,平成史として面白い.
その人物が,またタモリという存在だから,とらえどころがあるような無いような,でもその...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年04月27日

〇目次
序章:偽郷としての満州
第1章:坂とラジオ、そしてジャズ―祖父母に育てられて
第2章:大学紛争とダンモ研狂騒曲―森田一義から「タモリ」へ
第3章:空白の7年間―ボウリングブームのなかで
第4章:ニッポン最後の居候―タモリ出現
第5章:テレビ「お笑い」革命―芸能人と文化人のあいだで
第6章: ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年03月27日

関係する多くの人が登場し、芸能史の勉強になりました。大学を卒業してしばらくののち、福岡でサラリーマン時代があったことがいちばんの驚きでした。タモリさんの面白さを当初、山下洋輔、筒井康隆、赤塚不二夫と、文化人が支持してたことも当時の独自路線であったのかなと思いました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年03月14日

【タモリの生い立ちから遅い芸能界デビュー。笑っていいともを中心にタモリの出演作や多くの発言から描いたニッポンのサブカルチャー小史】
タモリの芸能界デビューは30歳の時。ボウリング場の支配人などを経ており実に遅い。ジャズの仲間から面白い奴がいる、とのことで状況。赤塚不二夫の居候など、芸能界に至る道筋が...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play