【感想・ネタバレ】音楽とは何か ミューズの扉を開く七つの鍵 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2013年03月15日

楽しかった。ものすごーく楽しかった。
専門でもないし、演奏する趣味とか持ってないので、この本の内容を何かに直接役立てられることはないんだろうな。
そでも、喉越しのいい上質の蕎麦をちゅるんちゅるんすするような爽快感をもって読むことができて、私は幸せです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年09月02日

音楽の本質について、七つの視点に沿って著者自身の考えが展開されている本です。

本書の冒頭で著者は、音楽の起源をさぐる方法には「考古学的方法」「文化人類学的方法」「現象学的方法」の三つがあると述べています。これにつづいて、「音楽は魔法である」にはじまり、「システム」「表現」「リズム」「旋律」「ハーモ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年07月08日

その起源から鑑みることで、音楽とは何か、ということを考える。
考古学的手法、文化人類学的手法、現象学的手法の3つの手法で。

原始時代から、魔法、システム、表現、リズム、旋律、ハーモニー、コミュニケーションという切り口で。
ところどころ譜面の分析なんかも交えつつ、音楽とどうかかわってきたか、考えられ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年06月09日

演習の発表のために読んだ本。
音楽とは何かについて、とても詳しく書かれていたと思う。音楽には感情の喚起力があって、普段は言葉によって認知してる事が多くても、やはりそれを超えた力を持つ場面も多くある。
音楽はすごいと論理的に教えてくれた本だった。

このレビューは参考になりましたか?