【感想・ネタバレ】転落のレビュー

値引き価格 462円 (税込) 6月24日まで
通常価格 660円 (税込)
3.7
3件

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

Posted by ブクログ 2020年07月13日

事件真相が明らかになって一番の盛り上がりの場面なのは頭で分かっていても、罵り合いに辟易してしまい読むのをやめようかと思った。最終的には、まあスッキリと終わったので良かったかな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年06月30日

32年前、劇団の合宿中に不慮の事故で亡くなった高須愛理。
母の理津子は、娘の三十三回忌に、当時の劇団メンバーを呼ぶという。

当時、娘の婚約者・佐良大輔は、劇団のリーダーであったが、理津子は、事故が不審なものとして、彼を疑っていたが、結局、確たる証拠はなく、時が過ぎて行った。

そして、13年前、相...続きを読む良の娘・美樹が誘拐され、なんとか無事に帰って来たが、同時に居なくなった愛犬は、戻らなかった...

果たして、32年前の事故と13年前の誘拐事件は、どう繋がるのか?
そして、理津子は、三十三回忌で、何を企んでいるのか?

だんだん真実が表れるにつれ、驚きの展開に...
最後は、やや消化不良を感じさせる面もありますが、エピローグでは、希望を感じさせます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年11月03日

松下麻理緒『転落』角川文庫。

先に読んだ『誤算』と共に古本屋で購入。

『流転の海』の改題・改稿、文庫化。本作も『誤算』と同様に、テレビの2時間物のサスペンス・ドラマに有りがちなストーリーが展開する。描かれた事件が犯罪なのか否かを曖昧な状態で放置しているがために、幸せな家族が壊れていく過程に納得出...続きを読む来ぬままに結末を迎えた。

32年前に劇団の合宿で水死した愛理の母親・理津子は娘の33回忌に当時の劇団仲間を集めようとする。理利子の義理の姪で愛理の同級生のみどりは、そんな理津子の行動に不信を感じる。少しずつ明らかになる愛理の死の真相と理津子と亡き夫が犯した罪……

本体価格600円(古本7冊で127円)
★★★

このレビューは参考になりましたか?