【感想・ネタバレ】正義とは何か 現代政治哲学の6つの視点のレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

Posted by ブクログ 2021年05月04日

ロールズの正義論をベースに、「正義とは何か」を考える。議論はリベラリズム、リバタリアニズム、コミュリタリアニズム、フェミニズム、コスモポリタニズム、ナショナリズムの6つの思想へ展開されていき、現代社会における位置付けが説明されている。

ロールズの考えがこのグローバル社会においても重要視されていると...続きを読む感じたし、これを批判的に捉えてきたのちの思想家たちの持論も、数多くの政治行動、政策に影響を与えているのがよくわかった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年01月15日

正義論を、リベラリズム・リバタリアニズム・コミュニタリアニズム・フェミニズム・コスモポリタニズム・ナショナリズムという6つの立場から纏めている。終章が、名言の塊で熱い。
「社会に生きる哲学者は民主的決定を受け入れなければならない」「社会に生きる哲学者は普遍主義を諦めなければならない」「人間の脳は生ま...続きを読むれつき正義のアルゴリズムが実装されているわけではありません」
ここでの哲学者とは、職業としての哲学者だけではなく、社会の中で生きる我々自身のことを指していると思われる。
民主主義をケア・点検しつづけるという視点を持ち続けながら、皆で学びながら「正しさ」を見つけていくことが重要そうだ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年05月25日

本書は、政治哲学の大テーマである「正義とは何か」について、ジョン・ロールズをベースにしながら(著者はロールズの『正義の理論 改訂版』2010年の共訳者の一人)、リベラリズム、リバタリアニズム、コミュニタリアズム、フェミニズム、コスモポリタニズム、そしてナショナリズムそれぞれの思想から平易に論じたもの...続きを読むである。

6つの思想潮流がすべて西欧起源の思想であり、その点、現代のグローバルな諸問題にアプローチする限界がありはしないかという疑問は湧くにせよ、ロールズやノジック、サンデル、セン、ヌスバウムなどの思想がとてもわかりやすく書かれており、ポスト・ロールズの思想について勉強になった。

経済学を勉強する我々にとっても馴染みの深いアマルティア・センは、「人間のアイデンティティはたしかに共同体のなかで形成されるけれども、人間は文化的伝統から離れて合理的判断を下しつつアイデンティティを形成してゆくこともできる」(p.143)とコミュニタリアズムを批判し、また「ロールズの契約説が「閉ざされた不偏性」を伴うものであるとして、それよりもスミスの「開かれた不偏性」にこそ、地域的偏狭性を反省する可能性があるとしています」(p.144)とロールズ批判も展開する。センはスミスを高く評価しているらしいが、まさにその通りだと思う。

しかし、現実のグローバル社会にはたして「公正な社会」は可能なのか(正義は実現されるのか)、その哲学的な基盤はまだまだ確立されたものとはなっていない。

余談:もう17年前になるが、2003年にケンブリッジ大学に遊びに行ったとき、散歩しているセン(当時、トリニティカレッジの学寮長)を偶然見かけてちょっと感動したことを思い出した。

センはインド出身なので、上記に書いたような西欧哲学の本流から少し離れていることもプラスに働いているのではないかと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月29日

そもそもこの本がそういう作り方をしているというのもあるけれど、それを抜きにしてもやはり現代の正義論はロールズを大きなエポックとして捉えて、ロールズ正義論に賛成または反対することを通して自らの主張を訴えてきたのだと思う。
内容は多岐に渡るので一言では言い表せないけれど、コスモポリタニズムはなんとなく理...続きを読む想郷的なことを言っているのかと思い込んでいたけれど、他国の正義と自国の正義の関係をどう捉えるかという点だけでも難しい問題をはらんでいるのだなあということを感じた。
ロールズに対する批評の蓄積はだいぶ進んできた。個人的にはヌスバウムに共鳴する部分が大きかった。とはいえ、彼女にもたくさんの批判があるはず。むしろ、そうしてああでもないこうでもないと言っていることこそが哲学のあり方としてふさわしいんじゃないかと思う。

内容は少なくとも初心者向けではない。多少哲学の素養がないとちょっと辛いかな?という気はした。ただ、内容が理解できるととても面白い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年04月01日

ロールズ「正義論」を訳した著者が、ギリシア哲学を確認した上で、6つのアメリカ政治哲学(リベラリズム、リバタリアニズム、コミュニタリアニズム、フェミニズム、コスモポリタニズム、ナショナリズム)をジャンル別にわかりやすく解説した著作。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年05月03日

本書は現代政治哲学の概要本である。これまで、現代政治哲学に関してはキムリッカの『現代政治理論』と小川仁志『はじめての政治哲学』を読んだことがある程度だが、それらと比較すると少し違った観点からのまとめ方や考察があり、新たな発見も多かった。
一方で、全体的にまとめ方に関してはもう少しシンプルに分かりやす...続きを読むくまとめる術があったのではないかと思う。
また、(新書だから仕方ないと思うが)現代政治哲学について網羅性という観点からもいささか不十分にも感じる。
ただ、本書で正義論を中心とした現代政治哲学の基礎的な思想は習得できると思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月02日

ロールズを中心に、「正義」を民主主義を基盤に、リベラルなものから保守的なものまで6つの視点に分けて述べたもの。各視点の特徴と代表的な論者が分かり面白い。各視点の比較を図解整理すると理解度が増すであろう。著者の真摯な語り口に好感が持てる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月30日

ロールズの正義論から始まり、その後のリベラリズム、リバタリアニズム、コミュニタリアニズム、フェミニズム、コスモポリタニズム、そしてナショナリズムという現代正義論の考え、代表的な論者に対して丁寧に解説されている本でわかりやすいが、咀嚼するには力がいる本である。知識が薄いので分からないところも多いが、基...続きを読む礎を押さえている本であることは確実だと思われるので、何回か繰り返し読んでみよう。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年09月14日

内容は少なくとも初心者向けではない。多少哲学の素養がないとちょっと辛いかな?という気はした。ただ、内容が理解できるととても面白い。

このレビューは参考になりましたか?