【感想・ネタバレ】流星コーリングのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年03月11日

私自身大好きなWEAVERのドラマー、河邉 徹さんの二作品目。
一作品目より読みやすくなっている
今年人工流星が流れるのかな?
ドラマチックな内容で、少し切なくもなるストーリー
アルバム、流星コーリングと共に楽しむと良い!!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年08月16日

何回も読み直すことは基本的にないのですが、これは一読した後にもう一度読もうと思えた作品でした。
作者の方がWEAVERというバンドのドラムで、同タイトルでアルバムを出しているのもまた魅力的。小説×音楽のコラボが形になってより一層世界観を味わえる作品です。
2020年には、広島で本当に人工流星の計画も...続きを読むあるのでもっと話題になってもおかしくないと思います。
今後が本当に楽しみです。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年03月25日

音楽とリンクする話。もちろん音楽がなくても十分楽しめる。しかし、音楽とともにこの本を読むことで、音楽、本それぞれへの感じ方が一変する。初めの方は甘酸っぱい青春小説…しかし途中からはただの青春小説ではなくなる。
いい意味でこちらの予想を裏切る内容だった。また、内容だけでなく、さまざまなところに工夫が見...続きを読むられた。特に感動したのは場面ごとの字体の変化である。
耳から聴く音と目から見る文章、2つを掛け合わせる素晴らしい試みだと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年03月20日

青春のみずみずしい甘酸っぱさと、その郷愁をも同時に感じた作品。「あの時に戻れたら」という思いはいつでもどこでも、誰の心のうちにもあるかもしれないものだと思う。でも、それが可能だったとしても、やはり僕たちは前を向かなければならない。
ここにあるのは、思い出を胸に、予見不可能な未来と向き合う勇気を持つた...続きを読むめの物語だ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年02月02日

広島に、世界で初めて人工流星が降るという
仲間と集まって、人工流星を観に行くことになったのだが
その夜、止まっていたそれぞれの運命が大きく動き出す

受け止められない事実はある
でも
それを受け止めないと前に進めない
時間を巻き戻せればいいのに
それは叶わない
流星が立ち上がるためにそっと寄り添って...続きを読むくれた

WEAVERのドラムが著者
小説をテーマにしたアルバムはそっと心にしみいる


今年は実際に広島で人工流星のイベントがあるらしい
この話を思い浮かべながら見たい

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年06月04日

WEAVERドラマー河邉徹さんの2作目。青春ファンタジー作品。
広島の高校の天文部に所属する男女4人。ある日世界初の人工流星が流れると知り、観に行くが、主人公・りょうは人工流星を観た日以降「明日」へ進めなくなってしまう。繰り返される「今日」。何故「明日」が来なくなってしまったのか?その理由がわかると...続きを読む心が震える。

読み終わると「そうだったのか」と、もう一度読み返したくなった。
小説をもとにWEAVERが同タイトルでアルバムを出しており、映画のサントラのよう。音楽と小説と合わせて堪能すると、より世界観が広がる!

ループしてる間に、英語の授業で先生が話すwouldの用法が少しずつ変わっていて、それもこの流星コーリングの世界を表してるなと思った。アルバムに入ってるI would die for youという曲も好き。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月06日

普通の青春小説なのかな?って思って読んでたけど、最後に行くたびになるほどなーって思いました。
映画とかに出来そうだなって思いました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月06日

星空のイメージと、ループする世界、天文部の生徒たちが持つ悲しみと喜び、切なさ、そう言ったものが見事にリンクした美しいお話。

2020年、広島に人工の流星が落とされるという話を題材にしています。
主人公が同じ日を繰り返すというループもの。
あまり切羽詰まった感覚はないものの、ハラハラ感よりも明日を迎...続きを読むえるということを新しい気持ちで考えられることが新鮮で良かった。

なぜループするのか?
その謎が解けたとき、ループする世界は単なる現象ではなくなり、ほんの少し前に進めた、わだかまりが解けた、そんな新しい一日を迎える第一歩となりました。

正直言って大人が読むにしては内容がありきたりかなと思わないでもないです。
けれど、ループを抜け出した新しい一日が、とても優しい希望に満たされていて、読んでいる人の明日も照らしてくれるようなお話に仕上がっていると思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月06日

軽めの小説
かかった時間75分

話題になっているらしい、かつ、オススメされたので読んだ。アーティストらしい、とてもきれいでロマンチックな物語。

作品じたいはよくあるものだと言えなくもないと思うけど(そもそも全く新しいものなどないからね)、その世界観を、おそらく取材力?経験?がちゃんと裏打ちしてい...続きを読むる。
なにより、この作品はオススメされて読んだのだが、これを勧めてきたその熱が、作品の一部であるように感じられた。

本の魅力はその作品じたいだけではなく、それを愛する人にもあるのだと感じた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年03月30日

2019-008『流星コーリング』(河邉徹)

あまり読むことがない類の本。ALEという会社が行なっている人工流星プロジェクトにインスピレーションを受け、書かれた本なのだそう。正直、人工流星からここまで物語を広げられたというのには驚き。結末に驚きながらも、夢があり、プロジェクトが遂行される来年が待ち...続きを読む遠しくなった。

このレビューは参考になりましたか?