【感想・ネタバレ】夢の本のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年02月16日

読書家のボルヘスおじさんが古今東西の夢にまつわる話を集めたアンソロジー。
最初は聖書からの引用と古代ギリシャローマが続き、単調ですこし辛かったが、途中の『病める騎士の最後の訪問』あたりからぐっとバリエーション豊かになる。合間に挟まる程度の分量だと聖書の引用もくどくない。
ゆっくりとかみ砕き文そのもの...続きを読むを愉しみつつ、前の話・次の話とのコントラスト、「ここにそれを挟むか~」という選集だからこその楽しさも。
枕元に置いておき、子どもが寝物語をせがむように少しずつ読みたい。

このレビューは参考になりましたか?