【感想・ネタバレ】企業の研究者をめざす皆さんへ:Research That Mattersのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2010年06月27日

企業研究職の自分としてはとても参考になった.
仕事の進め方,キャリア,プレゼン,コミュニケーション,などなど

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年12月16日

マター:人が動く、世の中が変わる
パスツールの四象限
研究の成果が出たらどういうデモをしたいのかを考える
デモで「どうやって動いてるの?」と聞かれることはよくあるが、本当によいデモは「これいくら?」と聞かれる
「説得」と「納得」の違い
ファシリテーションの「タイムマシン」
-- 10年後を想像してみ...続きを読むてください
社内Web電話帳に写真や業績を書く
-- 見えないのはいないのと同じ
お客様に内部構造を意識させない
企業における研究は「面白いから」やるのではなく「必要だから」やる
人は命令されて動くのではなく、必要な仕事だとわかって動く
ガバナンスとエンパワメント
2人の靴メーカーのマーケティングがアフリカに
2001年宇宙の旅
社内の機密情報、部門外秘ってどうなの
「客観的な評価軸」じゃなく、主観的で透明な判断
上長には言いたいことの1/10しか伝わらない
レターが元になっているので、内容が非常に濃い

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年09月19日

IBM東京基礎研究所所長を勤めた著者が企業における研究のあり方について述べている。研究だけでなく、国際化する組織の中で創造的な仕事をしていくのに必要なアドバイスに溢れている。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年08月01日

IBM東京基礎研究所長を務めた丸山先生(現在は統計数理研究所の副所長)の本。IBM在籍時、所長として全研究員に向けて発信したレターから29件を厳選し、解説付きで掲載している。特定の企業文化に依存しない(ある意味、模範的な)訓示が多いものの、IBMの伝統や企業文化が垣間見える記述も少なからずあって面白...続きを読むい。なお、本書の内容は、著者の個人的な思いを記述したものであり、必ずしもIBMやIBMの基礎研究部門の方針や戦略を反映したものではない、とのことである。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年02月04日

人は時々、「この仕事がうまくいかなければ、俺の人生も終わりだ」と思いがちですが、その裏には、自分の成功・不成功をあるモノサシに当てはめて考えている自分があるはずです。一歩引いて「こんなの、大したことではないよ」と思おう、それが"Rule Number 6"だと思います。

このレビューは参考になりましたか?