【感想・ネタバレ】千年、働いてきました―老舗企業大国ニッポン―(新潮文庫)のレビュー

価格 572円 (税込)
4.0
1件

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年12月06日

・日本には、100年以上続いている会社の数が、10万以上と推定されている。少なくとも、東京商工リサーチの調査では、2017年の段階で、3万3千にのぼった。

・金を10マイクロメートルという細さで製造し、世界中で使われている田中貴金属。

・ケータイの心臓部と言える「人工水晶」をつくっている、エプソ...続きを読むントヨコム。

・世界中のケータイで使われている電気的にメッキされた銅箔を製造している、福田金属箔粉工業。

・ケータイ等の機械のゴミの山を溶かして、金や銀を取り出している秋田の小坂製錬。

・羊の皮膚に注射することで、羊の毛が抜ける薬を製造しているのは、ヒゲタ醤油。キッコーマン、ヤマサと並ぶシンセで、首都圏のそば屋ではシェア8割に及ぶ。

・ロウを取り扱うセラリカNODA、トレハロースの大量生産に初めて成功し、インターフェロンの量産化を行った林原は、本当にアクティブに動き回り、研究と営業を繰り返して、様々なプロダクトを世に生み出している。

・林原健。「研究開発に10年、20年かかっているものも珍しくない。こういう10年とか20年とか、あるいは30年とか、それだけの期間をかけないとできない研究って、山程あるわけですよ。そして、大企業にはできないんですよ」

・老舗というと、「不動」や「停滞」をイメージする人も多いかもしれないが、長く歴史のある老舗企業は、「動」である。

・侵略されたり、内戦に見舞われた期間が短い国ほど、企業は継続できない。アメリカは200年以上続く企業が14社あるが、中国には9社、インドには3社しかない。

このレビューは参考になりましたか?