【感想・ネタバレ】マンガでわかるジャズ:歴史からミュージシャン、専門用語などを楽しく解説!のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年06月25日

ジャズギターを始めて改めてジャズの奥深さを知れた。

音楽を仕事にするには大変だけど、演奏を楽しむ人が一人でも増えると、市場が盛り上がる!

その一人になろう!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年02月13日

珍しく本屋で即決して買った本。
非常に多角的に幅広い視点で解説されていて、ジャズ指南書として、私にとっては理想の本でした。
定番的な体系論や歴史だけじゃなくて、バッハやウッディ・アレン、タモリの「吉原さん」にまで言及されているんですよ~! そんな本、他にないと思う。
この薄さで、信じられないくらいの...続きを読む幅広さ。

私は音楽をまじめに聴く方ではないし、ジャズも全然好きじゃなかったです。でも、文学や映画の「素材」としてのジャズは非常になじみがあって、マイルスやヘントフの自伝はじめ、伝記やアネクドーツ類はけっこう読んでいるし、伝記映画もかなり見ていて、つまり、私にとってのジャズとは聴くものじゃなくて、物語のネタ、という感じ。
そんなある日、夫がサックスを習い始め、家の中でかかる音楽の8割くらいがジャズになってくると・・・・耳が慣れてきて、「あれ? ジャズもいいかも?」と思うようになってきました。
ってことで、ジャズのことをもっとちゃんと理解したいなぁと思っていたところだったので、編成による違いまで解説してくれているこの本は本当におもしろかったです。

私みたいに、文学を通して断片的な知識はあるし、興味もあるけど、音より文字の方が得意なの・・・って人、意外に多いんじゃないかなぁ。そういう人に特におすすめです。

個人的には、ジャズ喫茶のマナーとか、「ロストに注意!」とか、「トランぺッターは派手好きが多い傾向」など、真四角な本には書かれないようなクスっとくる豆知識が特におもしろかったです。
そうそう、ジョシュア・レッドマンがハーバードを主席で卒業していて、弁護士目指してたとは! などなど、ミュージシャン達の略歴まとめも私には新鮮でした。日本人ミュージシャンについても、美空ひばりにまで言及されています。

今後もリビングに常備しておいて、辞書的に使おうと思っています。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年04月18日

一口にジャズといっても、その演奏方法には変遷がある。
新しいもの、古いもの、単純なもの、複雑なもの。
なにかに飽きれば新しいものを求める。
好奇心が芽生えればなんでも聴いてきたが、ジャズは少し歴史の流れを知ってから聴きなおしてみようと思った。
分かり易い内容だった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年04月04日

ジャズの知識皆無でしたが、初心者でもわかるようにわかり易く解説している本です。

ポップな絵柄で見やすいです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年03月16日

ジャズについてわかりやすく書かれていた。これから聞こうと思っている人には参考になる本。この本のオススメをまずは聴いていこうと思う

このレビューは参考になりましたか?