【感想・ネタバレ】最強の世渡り指南書――井原西鶴に学ぶ「金」と「色」 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年05月15日

読みやすい文章でスイスイと読んでいくことができた。お金や女のことをどう考えていくべきかについて、少し考えながら読んでいくことができたと思う。3時間くらいで読めた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年01月26日

西鶴の時代にあって今にないものは、したたかさと笑い。齋藤孝先生の本の中でNo.1です。
アイディアより行動力が大事。アイディアがあっても実際にやってみて、継続することが大事。器(自分が何に向いているか、自分の裁量の幅を知る)と仕合せ(運を掴む力、幸運、セレンディピティ)が必要。
偏愛力が必要。一流の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年10月21日

名前は知っていたけれど,こういう本を書いていることを知らなかった。原作を読む予習としては最適な本だと思う。また,それぞれの本のエッセンスが凝縮されていて,特にこれから社会に出て行こうとする若者に読んで頂きたい本です。

このレビューは参考になりましたか?