【感想・ネタバレ】東大の先生が実践する確率思考のコツ のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年01月19日

確率、統計的な考え方を人生にどう生かすかという本
この人の考え方が自分と似てて読んでて気持ちがいい

最良の選択のために、直感を歪めるのに敏感になる、真実を把握する、真実の不正確さを知る、出来るだけ間違いの少ない意思決定をもたらす、組み合わせ状況を整理し答えにたどり着く。

確率思考による気楽さ、良...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年06月08日

統計家の西内氏本。
人生の意思決定の際に確率的な思考を使うことで、客観的で冷静な判断を行うことができる。

要約すると以下のような内容。
人間の直観はあてにならず、しばしば誤り、結果として損をすることにつながる。モンティーホール問題や、メンタルアカウントなど。
自分が見ている情報はその時の時流や...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年10月02日

信頼区間や有意度のことをかみ砕いて説明した本を探していて、工学系の確率統計分野の本が並んだ本屋の書棚で、たまたま、肩の力の抜けたいい本に出会った。


探していた内容は
・”わからないなりに目星をつけよう〜「推定」の話”
・”わからないなりに白黒つけよう〜「検定」の話”
の章が一番近かった。統計学と...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年10月15日

なんとな~くわかったような
コツってわけだから完全に理解する必要はないんだよね。うん、
わからないなりに検討を付けるってことが大切なんだよ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年04月07日

ほとんどの内容が基礎の基礎。
7章くらいからちょっと新しい内容に踏み込んでいて面白かった。

ちょとひっかかったのは、
「努力は必ず実るとは限らない。だから人生は面白い」
という最後のメッセージ。
このメッセージ自体は圧倒的に正しいし僕も共感するのだけど、一方で思うのは
「こういう類のメッセージが吐...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?