【感想・ネタバレ】生激撮!のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年11月03日

田中経一『生激撮!』幻冬舎文庫。

テレビ局を舞台にした映画『スティング』のようなサスペンス。

著者がテレビ業界出身ということもあり、設定や描写にリアリティーを感じた。反面、ストーリーとしては有りがちなもので、万人受けを狙った感は否めない。

警察のガサ入れを実況する高視聴率番組の天才プロデューサ...続きを読むー・五味剛は、覚醒剤密売組織の顧客リストの中にテレビ局内の大物の名前を見付ける。

このレビューは参考になりましたか?