【感想・ネタバレ】悼む人 上のレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年11月29日

死者を悼む旅を続ける青年の物語。

ここで言う「悼む」とは、弔うことでもなく冥福を祈ることでもない。

忘れずに覚えていると言うこと。

とても単純なことのように思えるがこれがものすごく心に突き刺さった。

確かに死んだ人とは二度と会えないが、覚えてくれる人がいる限りその人の存在が消えることはない。...続きを読む

そこにスポットを当てた作品だと感じた。

死ぬとはなんなのか、生きるとはなんなのか、存在するとはなんなのか、その全てに一つの導きを与えてくれているような気がする。

どれが正しいなんて分からないが、主人公は全て分かっていて、母に会いに行かず、倖世に託しのではないか、誰かが覚えてくれていればその存在は消えることはないのだから。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年03月11日

人の生き様に善し悪しをつけることなく、全て尊いものとして捉えていくことは自分の持つ想いと重なるところがある。共感できる。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年08月13日

天童荒太 先生の著作で直木賞受賞作で映像化もされている作品なので読んだ本。主人公の坂築静人のキャラクターが今までに無いキャラクターで良かった。物語の結末がどうなるのか気になる小説。静人は上巻の段階では立派な宗教家で聖人という印象のキャラクターだと思った。静人の「死者が誰に愛されていたか、誰を愛してい...続きを読むたか、どんなことをして人に感謝されたかか」という質問は人のことを知る時の尺度として考えさせられた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年07月16日

これを書こう。書きたいと思った天童さんがまず凄い。そして、家族を亡くした人。大病した人は余計わかる、理解できると思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年07月05日

最後の部分を読みながら鳥肌が止まらなくなった。久しぶりに芯から心が震えた。映画化で原作を知って、貴重な小説に出会えた気がする。作者の天童荒太さん自身が一番救われたんじゃないかと思える救済の物語。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年02月20日

人の死とはどういうものなのだろうか。
この世にいなくなった人をずっと思い続けることはできるのだろうか。
僕も大切な人を亡くしたのに。
その時は胸が張り裂けるような思いをしたのに。
今は日常の生に追い立てられ、大事な人の存在も希薄になっていく。

静人の悼むということは何を意味するのか。
生とは死とは...続きを読む

徐々に明らかにされていくエピソードがどう帰結していくのか。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月09日

「永遠の仔」に描かれた主人公たちの運命が痛ましく、強烈であり、天童荒太が書いたものを何年も手に取ることを避けていました。

本書の主人公たちも過酷な運命を負うものなのですが、真摯な姿に共感に似た思いを感じ、「永遠の仔」の時のように文字を追う度に心が軋むようなことはありませんでした。

忘れて生きてし...続きを読むまう、大切なこと。気に留めず過ごしても、生活を回して行くには大過のないこと。でも、すべての人にとって当たり前な、生きること、死ぬこと、愛すこと、愛されることに心を寄せ大事に思うことで、無駄な力みがなくなり、背筋伸びやかに生きられるのでは。本書を読みそう思うことができました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年06月14日

前から読んでみたかった天童荒太。なんとも不思議な設定の本。悼む人、があちこちで悼みながら旅をする話を中心に、まつわる人々の話が絡んでいく。死と生が絡み合う重いお話だが、知らなかったけど直木賞受賞作らしい。へえ、こんなのがね。色々と考えさせられるというか、地味だけど面白い。下巻に期待。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月14日

知り合いでもない人を全国ただただ悼んで回る静人の行動は、分かるような分からないような、曖昧な感じ。家族じゃないけど、何故、彼がそこまでやらねばならんのだろう。
人は誰かの記憶の中にだけ生きてて、覚えてる人の数だけ別の人生があるのかも、っていうのは感じたことがあるのだけれど、む、難しい。
とにかく一度...続きを読む、実家に帰ってほしい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年01月03日

死者のことを心に刻む。生きている限り覚えているように努める。ひたすらそれだけを続ける旅に明け暮れる青年。その人が誰を愛し、愛され、何をして人に感謝されたことがあったかを問い、その死者が確かに存在していたことをただ覚えておく。
不思議な物語。このあとどのように話が展開していくのか、想像がつかない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年02月10日

何と表現するのか分からないが、作家はこの本をどういう意図で書いたのだろう。
自身の過去の経験から死者のことを覚える旅を続けるという、意味の分からない話。
色々な死に纏わる話を扱うので、それが目的なのかも知れない。
ともあれ、下巻に続く。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年06月22日

悼む人 上

全くの赤の他人なのに死んだ人の、生前どんな人に愛され、また感謝されたかを聞いて、決して自分は確かに貴方が存在したことを胸に刻み忘れませんと悼む。

冥福を祈るのとは違って、ただ、胸に刻む。

そうやって日本全国を回ってる主人公。

様々な人と関わっていくんだけど下巻ではどんな展開が待っ...続きを読むてるのかな。

いろんなことを考えさせられる本です!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年04月17日

亡くなった人を悼むため日本中を歩いている「悼む人」が、なぜそうなったのか、彼は何をしたいのか、何を考えているのか、3人の視点から描いた作品。
ただ、これはあくまでも他人から見た「悼む人」の姿であり、その真実は(多分主人公もはっきりわかっていないと思うが)最後までわからない。
あくまでの読者がどう思っ...続きを読むたかを感じる作品。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年03月22日

上巻は倖世が夫殺しの事実を静人にうちあけたところで終わる。初盤は甘さのある文体で、冗長な感じも受けたが、中盤を過ぎる頃から引き込まれていった。
静人のしていることは僧侶のようであり、そうでない。無宗教、宗教離れの時代の日本を描いている。
寺の跡取りで優等生として育った朔也の自身を吐露する件があり、印...続きを読む象的だった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年03月21日

巡子が蒔田に話した「人に何を残したのでは無く、人からの出会いで何を得たのか、何が残ったのが大切だ」という言葉に尽きる

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年03月12日

これはちょっと映画を見にいってみたいと思った。

だいたい映画を観ても「小説のほうがいい!」と思ってしまうのだけど。。
やっぱり映画気になる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年03月02日

映画はあまり流行ってないようですが、原作は素晴らしいです。
「永遠の仔」も凄いですが、「悼む人」、さらにいいです。
死とは何か、死をどう受け止めるのか、死とどう向き合うのか。
考えさせられます。
下巻でどうなっていくのか気になりますが、「悼む人」という人物像を提示したたけで、もう十分な傑作だと感じま...続きを読むした。
ただ、他の人のレビューをいくつかチラ見したけど、意外と否定的な感想も多くて驚きました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年03月01日

「その人は、誰を愛したか。誰に愛されたか。どんなことで人に感謝されたことがあったか。」人が亡くなった場所を尋ねる旅を続け、その死者が人々に愛された過去を問い、その愛と共に死者を悼む静人を、家族、記者、犯罪者など様々な人の視点から描いていく。その中で人々は、「人に何を残すかに、その人の存在はある。その...続きを読む人との出会いで、私は何を得たか、何が残ったのか」を考えさせられていく。生と死を同時に描きながら、人が存在することの意義を考えさせられる一冊。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年03月21日

2009年本屋大賞8位

「何これ?」「なんだコイツ?」
上巻最後の方に一応母親から説明がされているが、いまいちピンと来ない。
もどかしい。
最後どうなるのか下巻が早く読みたくなってきたw

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年03月18日

共感はできないが、
人間存在の意味について、考えさせられる一冊でした。人物の心の動き、悼むということとの考え方は理解できましたが、ボクには今ひとつ共感はできません。倖世と静人のこれからはどうなっていくのか…

このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品レビュー