【感想・ネタバレ】深ぼり京都さんぽのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年12月06日

京都旅のおともにもってこいのガイドブック(マンガ)。京都は年に何回も行くのに、自分なら行かないところばかりなのがまた良かった。二条城の唐門を拝みたい。京都伝統産業ふれあい館で舞妓はんの舞台が見たい。山科の毘沙門堂で紅葉狩りがしたい。yugueの下鴨ジンジャーが飲みたい。さて、次はいつ京都に行こう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年09月08日

観光地に関するストーリーもありつつ、やはりこの人の描写はディープな京都をこそ描くのにふさわしいし、それこそタイトルの「深ぼり」を体現するもの。
とくに三条商店会の元商店の話しや千本中立売を紹介するストーリーは秀逸で、自分も千ブラしたくなりました。次回京都に行った際には立ち寄ってみたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年04月22日

京都在住の筆者が、お散歩するのにぴったりなエリアを漫画で描いた本。
地元の人しか知らない道や、通常のガイドブックに載ってないエリアも乗っていて楽しい。
何より、筆者と同行者の掛け合いが、地元京都に誇りを持っているんだなと感じられて読んでて面白い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年08月28日

京都生まれのグレちゃんによる京都案内シリーズ(?)新作。今回はわりに普通のガイドっぽい感じがする。一番行ってみたいと思ったのは「下鴨ジンジャー」のある喫茶店。今度古本まつりに行ったとき探してみよう。

このレビューは参考になりましたか?