【感想・ネタバレ】公安即応班のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2015年05月25日

「SD」特殊部門として組織された即応班は、公安部局の中では「体制の犬たち」と揶揄されていた―。捜査一課特殊部隊を辞職し、SDに加わった木谷赫音は、名うての狙撃手の娘だった。フィリピンの天然ガスの洋上プラントがテロリストに襲撃され、日本の経産大臣が人質として囚われた。赫音は仲間とともに決死の戦いに挑む...続きを読む。著者渾身の「狙撃手シリーズ」新展開!

なかなかシビアな展開であった。おそらく次の作品もあると思われる。

このレビューは参考になりましたか?