【感想・ネタバレ】テリー伊藤の天才ノートのレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

Posted by ブクログ 2009年12月30日

「最悪の事態のシミュレーションができている人はここぞというときに強い」

例えば、「ゴルゴ13」はつねに最悪のことを想定している。
人と話すときは必ず壁を背にしているし、
現場に入ったらまず最初に脱出方法を確認する。
これが、デキる人間の優先順位のつけ方なのだとか・・・

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年11月16日

テリー伊藤は、ベッタベタを提供する職人です。
素材を斜めから、正面から切り取って、
判りやすく、突き抜けることに命張ってます。

細かい根拠や整合性なんてどうでもいいんです。
世間の8割はそんなこと求めてないんですから。
テリー伊藤はハナから頭でっかちは相手にしていないのです。

そして みのりもん...続きを読むた然り、訳知り顔でカメラを見据えてしかめっ面をすると、
「適当そうに見えて、ちゃんと考えてる人」に見えてくるんだから不思議です。
「適当そうに見えて、ほんとうに適当」だとしても。したたかなマジックです。

“天才”・・・この言葉には、世間一般の大衆の思考能力を奪う魔力があります。
何を超えたら“天才”かは定義が難しいからです。
だから「あの人は天才だ」と言われりゃ、「へぇすごいんだ。」となり、興味を魅かれます。
これもテリー伊藤のマジックです。

人はテレビを観てる時は出演者に思考を委ねます。
観てる間は考えないんです。鵜呑みにするんですね。
だから判りやすい方がウケるんです。天才テリー伊藤の狙いはそこです。

そんなテリー伊藤が20人の著名人の“天才”ぶりを分析し解説したのがこの本です。
以下、本文一部抜粋です。

・「遠くを見つめる天才」-斎藤佑樹
サラリーマンなら「社長になること」を目標にしなければいけない。
・「自分を追い込む天才」-ビートたけし
グズグズしている自分を捨てサッサと次の自分をめざそう。
・「多忙の天才」―みのもんた 飲み屋をハシゴする感覚で仕事をこなす。
・「人に許される天才」-渡部恒三 自分の弱点を隠さない、隙がある人
・「悩まない天才」-高田純次 何かに行き詰ったときは、高田純次を思い出せ
・「51対49の天才」-阿木耀子 49個悪くても51個良ければ幸せ
・「人を楽しませる天才」-萩本欽一 「○○祭」という言葉は 魔法の言葉

・新しい興味を見つけたら そこに飛びつく天才―ビートたけし、イチロー、黒川紀章

天才は過去の自分に興味がない。
天才は逃げ足が早い。
天才は苦難の末の快感を知っている。
天才は「M」である。
天才は根拠のない自信を持っている。
天才は忘れた頃にやってこない。
天才の賞味期限は2年である。
天才は「6割の強気と4割の弱気」が交錯している。

このレビューは参考になりましたか?

「ビジネス・経済」ランキング