【感想・ネタバレ】在日の涙――間違いだらけの日韓関係のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年03月12日

辺さんは韓国、北朝鮮、日本をとても客観的に見ていてそれぞれの良い点、悪い点を指摘している。ただ、韓国についてはあまり良い点は書かれていなかった。韓国人は白か黒かをはっきりさせないと気が済まないと言うが、それは自国に都合のよいように嘘をついてでも決着したいように思える。韓国が徹底的に反日で親日派を一掃...続きを読むしようとしているのに反し北朝鮮はそこまでの反日を表していず、日本と北朝鮮が国交を回復することで多くのことが解決すると言っている。それもまた困難な問題だとは思う。在日朝鮮人は難しい立場にあることは理解できる。今日本で行われている朝鮮人へのヘイトスピーチはやめてほしいと思う。日本人としての寛容さと誇りを保ちたい。

このレビューは参考になりましたか?

顔は似ていても思考や行動は違う

Ianow Eastas 2017年10月17日

韓国人の考え方がよくわかる。
日本人の感覚で韓国人の行動を見てしまうと間違いであることがわかる。
ぜひ韓国語版を出版して、韓国人に読んでもらいたいと思うが、たぶんこの本を読んでみて予想できることであるが、著者は客観的に書いているが、韓国人はこの本を「嫌韓本」に分類してしまうのではないだろうか。
...続きを読む
韓国に都合の悪い本を書くと、起訴されたり、発行禁止になる国だから、この本も発行禁止になり、呉善花氏のように著者も入国禁止になるかもしれない。
日本の対応の悪さも書かれている。日本の政治家にも読んでもらいたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年03月01日

論点があっちこっちに行って、結局なんなんだ。
日本がうまくヤンなきゃ、それも北を取り込んでというのも判らないでもなく、それが支那を牽制することになるのも判るが、だからって何を認めなきゃいけないんだ。
徴用は強制連行とは違うと言いながらも、それを認めて、人数ではなくちょっとでもあった事が問題とかいう流...続きを読むれも何度読んでも判んなかったし、慰安婦問題を事実として論を展開するのも気になる。
在日の立場を考えろというのはあまり考えたことはなかったが、民族意識の高さとか言われた上に、日本を仮想敵国と言い切る存在は、仮に戦争状態になったらどう扱うんだ。
それでも最後まで読めた本。極めて冷静な感は受けた。

このレビューは参考になりましたか?