「辺真一」おすすめ作品一覧

「辺真一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/05/19更新

ユーザーレビュー

  • 「金正恩の北朝鮮」と日本 「北を取り込む」という発想(小学館101新書)
    北朝鮮との上手な付き合い方。
    中国、韓国をけん制するためにも北との関係は重要です。
    これからの日本外交のキーワードを読みときましょう
  • 在日の涙――間違いだらけの日韓関係

    顔は似ていても思考や行動は違う

    韓国人の考え方がよくわかる。
    日本人の感覚で韓国人の行動を見てしまうと間違いであることがわかる。
    ぜひ韓国語版を出版して、韓国人に読んでもらいたいと思うが、たぶんこの本を読んでみて予想できることであるが、著者は客観的に書いているが、韓国人はこの本を「嫌韓本」に分類してしまうのではないだろうか。
    ...続きを読む
  • 大統領を殺す国 韓国
    酷いタイトルだが、著者は歴代大統領の功罪とその後を書いたことで、大統領制の効率を再認識できたと述べている。公平を期した書き方で読みやすく、独立後の韓国の歴史をざっくりおさらいできた。
    1960年頃韓国は北朝鮮より弱く、貧しかった。金大中の民主化・開放政策まで南と北はそっくりの双子の国であった…...続きを読む
  • 大統領を殺す国 韓国
    お隣の国にもかかわらず、あまりにも知らなさ過ぎた。それも、遠い昔でなく、つい最近のことばかりである。勉強になった。
  • 「金正恩の北朝鮮」と日本 「北を取り込む」という発想(小学館101新書)
    同書は2012年3月に発行されたもので、比較的新しい新書であるといえるが、金正恩体制の初期ともいえる現在、北朝鮮の特に人事における部分は激しく変動しており、第6章の「権力抗争で失脚した幹部たち」と第7章の「金正恩新体制の実力者」の記述はすでに過去のものといってよい。
    しかし、その他の部分では金正恩の...続きを読む