【感想・ネタバレ】はじめての社内起業 「考え方・動き方・通し方」実践ノウハウ のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年08月25日

独自のフレームワークを記載しており、オリジナリティが感じられる一冊。通し方というプロセスの知識も目新しい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月14日

酒井穣氏の『はじめての課長の教科書』のような、総覧性と有用性の良いバランスを感じた。つまり、何度も手にとって当たりたくなる、ということか。教科書的な信頼性をもってスタート地点から書き下していきながら、ビジネスの現場で暗黙知レベルで出来る人と出来ない人を分けているウェットな課題を言語化している。

...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年11月08日

タイトル「はじめての社内起業~考え方・動き方・通し方~
」の通り、まさに企業人だからこそぶつかりであろう新規事業の壁、及びその壁への対処の仕方が丁寧に書かれており、「そうそうその通り!!」と非常に共感することだらけでした。社内起業という難題に立ち向かう人に、ぜひ手に取って頂きたい一冊です。

●カッ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年03月30日

社内起業に関する本。なかなかわかりやすく良著。

<メモ>
・自分の会社が世の中の役に立てることはないか、そのシンプルな問いかけが新規事業の第一歩
・大事なのは世の中のニーズと自分が実現したいことと会社の目指す方向性の3つを満たすこと。
・資金、人材、信用は独立起業と比較した時の社内起業の大きなメリ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年02月10日

社内企業のポイント、アイデア出し、説明の仕方、構想のまとめ方など、学びが多かった。またリクルートの話がよく出てくるので親近感があった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年11月28日

「はじめての」の上場企業内の新規事業者が抑えるべきポイントを網羅的に簡潔に記載している。

ベンチャーと上場企業の違いは社内説得の壁の高さ。
そのポイントは素直に現実をぶつけている。
新規事業開発を夢見る人は社内の壁を高さ、面倒くささを言い訳とするが、勤めている以上は社内説得は前提条件となる。
当た...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年11月23日

通常の新規事業とは視点が異なり、社内での起案に特化した面白い本。 でも良い本とは思うけど、他の本を優先して一時中断。。。今度再度読もう。

<メモ>
●事業家承認の際に決裁をえておくべき事項(p41)
①立ち上げ方法
(管轄部門、責任者、事業開始の最終判断の方法)

②収支計画、必要投資額
(立ち上...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年09月12日

ありそうでなかった社内企業に関するテキスト。新規事業の進め方について、具体的なステップで説明されているので、新規事業の担当者には、力強い援軍となるだろう。そうでない、人にも普段からの仕事の進め方について考えさせられる事が多いはずだ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年08月27日

新事業担当者、社内起業家向けのハウツー本だが、副題にもあるようにかなり実践的な内容になっている。ここで実践的というのは、理論的なことだけでなく、社内で起こりうる様々な摩擦や抵抗、根回しなど、実際に起こりうるナマナマしい課題やその対処法まで実体験に基づいて記述・解説されているということ。新規事業を立ち...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年09月28日

社内起業のお勉強。

メソッド①5W2H展開法
既存事業を5W2Hで定義し軸を一つ変えてみる
①Who(誰に・誰が・誰と)
・(誰に)購買者
・(誰が)利用者
・(誰と)取引先、協業先
②What(何を・何で)
・(何を)売る製品・サービス、販売名目、製品属性
・(何で)材料
③Where(どこで)...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月03日

社内起業がミッションのポジションで働いてはないが、事業開発に学びになればと思い購読。
タイトルの通りはじめて社内起業を進めて行くにあたって、そもそも社内起業を始めても良いか確認する所から、アイデアへ至る過程、そこから関係者を巻き込みつつ、最終承認を得るまでのToDoリストが書かれている。
また読者を...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年11月13日

元リクルートの新規事業開発室マネジャーの著書。読みやすくためになった。「リスクを指摘するのは中間管理職、判断するのは経営者」は納得。

以下メモ。
●カッコいい大風呂敷と、地味な一歩。
●事業とは「不の解消」
●会社内における保守性を破るためには大きな勇気と決断が必要。ある程度の摩擦は覚悟の上で、周...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?