【感想・ネタバレ】臆病な僕でも勇者になれた七つの教えのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年03月23日

少年たちが冒険によって成長していく物語。
その試練一つ一つが、メッセージ性が高く、彼らの成長と共に、自分も多くの事を学べたし、考えさせられた。
常に忘れたくないなと思ったし、意識を持ち続けられるように、何度も読み返したい本だなと思った!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年09月19日

P70
「ほうじょ。
この世にあらわれるすべての現実は、おまはんらの心のあらわれやけん。
心、つまり、思考や気持ちが先にあって、考えたことが目の前の現実となって映し出される。
それを人間は『体験』として『生きて』おるじょ」

P179
「ワクワク羅針盤を使うんじょ。
日々の生活の中で、ときめくものを...続きを読む選んでいく。
ほしたら必ず、その先にそれはある。
得意なもの、好きなもの、その中にヒントがあるんじぇ。
多くの人が見つけることができんのは、自分ではごっつい(とても)簡単にできるけん、ほれが才能やって気付かんのんじょ」

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

沢山の気づきをもらいました

amu鳴いてる怪獣 2018年07月28日

面白くて一気に読みたいけど、途中で自分の過去や考えが出てきて泣きたくなり。一緒に冒険しながら読んで心がとても軽くなりました。
素敵な本をありがとうございます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年09月20日

うちの子の夏休みの読書感想文用に、夫の書棚にあった本から選んだ本。小学生男児にとってはけっこうな文章量でしたが「ドラゴンボールみたいな話ー!」と言いながら、あっと言う間にと読み進めていました。お陰で感想文も苦戦することなくあっさり完成!そして、読み終わってからは、この本に出てくるノウハウがうちの子に...続きを読むかなり活かされています。小学生にこそ読んでもらいたい1冊です。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年06月16日

自己啓発的な内容を超王道ファンタジーに仕立てあげた本。

呼吸法、直感力、自己肯定などのスキルを身につけ、秘宝を手にいれるためのストーンをゲットしていく。最後は7つの教えを習得し、勇者と認められてハッピーエンド。

途中途中に出てくるカエルの老師が可愛い。そして主人公の友達の名前が「リク」で運動神経...続きを読む抜群の熱血漢という設定で、某ゲームのキャラクターが終止頭に浮かんでしまった。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年05月17日

自己啓発、というジャンルにいれはしたが、小説(ヤングアダルト?)としても読める。
自己啓発本もストーリー仕立てしてであるものはあるが、これは仕立てというより、ストーリーそのもの。
しかも冒険小説と言うことで読みやすい。
自己啓発の過程を、物語中の障害とうまく結び付けた展開が見事だし、ストーリー自体も...続きを読むしっかり出来ているので最後まで面白く読めた。
そして何より、多くの自己啓発の書のエッセンスがストーリーと密接に結びつけられた形で、分かりやすく散りばめられている。アドラーや苫米地さん山﨑巧巳さん浅見帆帆子さん等々、多くのメンターの方々のエッセンスが汲み取れて参考になった。読みやすいゆえに子供に勧められる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年04月09日

物語の中に、引き寄せの法則、ワンネスの考え方、瞑想、チャクラの要素などがふんだんに盛り込まれている。
ローマ字になっている言葉(MINAMOTO, TANDEN,HARA,tamashii,IMA“KOKO”)が目につき、最初はわざとらしくすら感じられるくらいだったが、物語がとても良いために自然に引...続きを読むき込まれていく。
主人公のキラとリクが子供だからこそ物語の中で老子の教えとその実践に素直に納得でき、そのあとで大人向けの本であったことを思い出して自分の世界に置き換えるという脳内作業が抵抗なくでき、これまで読んできたスピリチュアル系の本の内容が現実でできることとして腑に落ちる一冊となった。


丹田に意識を向け腹を感じて呼吸をし、光に包まれるイメージ・・・・なんてヨガでやっても、気恥ずかしくなるところがあったけれど、キラが光の卵に包まれて気持ちが落ち着けて力強さが内側から湧いてくるのは簡単にイメージできた。そしてそれがどれだけ戦いをする上でしっかりした土台になるのかもファンタジーの中ではしっくりくる。これが現実世界にも起こるなら、やらねば損だな、と思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年12月23日

あっという間に読み終えました。
ふふっと笑えたり、ぐっと力が入ったり、涙が出たり、最後は温かい気持ちになれました。
主人公は子供でしたが、大人でも当てはまることばかりなので、生き方に悩んでいる時にはヒントをもらえる一冊かもしれません。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年12月16日

これは読み応えがあります。買いです。ストーリーのテイストは、『夢をかなえるゾウ』のような感じです。勇者と言っているだけあってファンタジー要素もあります。おすすめ!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年06月20日

小学生が主人公のファンタジー要素満載の本です。 虹の七色に象徴される、人生で乗り越えなければならないものを、一つ一つの冒険をクリアすることで教えてくれる内容です。 大人も子供も色々気付かされるなかなか良い一冊。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年02月09日

第一の石「赤」:恐れ
 丹田に意識を向け、深呼吸
 意識を内側に向け、リラックス
第二の石「オレンジ」:寂しさ
 内なる声を聴く
 ワクワク羅針盤、好きなこと・真実はときめき
第三の石「黄」:怒り
 ライフシナリオを描き、キャラクターになりきる
第四の石「緑」:妬み
 感情が現実を映し出す
 感情を...続きを読む色と形にして手放す
第五の石「青」:哀しみ
 独自の才能、ソウルビジネスを見つける
第六の石「紺」:我
 何をするかより、どんな意識でするかを大切に
 どんな自分にもOkを出す
第七の石「紫」:空
 どんな人物・出来事も自分を映し出す鏡、そのまま受け入れる
 相手を赦すことは自分の中のその部分を赦す

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月27日

自己啓発系とファンタジーの不思議な出会い。まぁ,ファンタジーものには成長はつきものであり,相性は悪く無い。ただちょっと違うのはきっちりと解説がつくこと。これは自己啓発系小説のお約束か。
物語としては直球ど真ん中な印象。意外性とかは求めてはいけない。とは言え,最後に待つエンディングにはぐっと来るものが...続きを読むある。テンポもいいし,読んで良かったと思う。
ちょっと残念だったのが主人公キラが絵が上手いというわかりやすい個性,言い換えれば主人公フラグが立ってしまっているということ。単なるファンタジーならそれで良いのだけど,自分にどう活かすか,を考えるならそこが前提条件になってしまっていて,「勇者」になるのを難しくしている。主人公が(個性という意味ではなく)特長が少ないタイプだったらもっと良かったのにと思う。物語を作るのは難しくなるだろうけれど。あと,個人的には挿絵があるともっと良かったのにと思う。非日常ってちょっと想像しにくいから。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月01日

夏の読書五冊目。

普段感じていることが子ども向けに書かれている良書。教室に置きたい。保護者が薦めてくれた一冊。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年03月21日

ブルーの髪の毛と瞳を持ち、父親やクラスメイトから「バケモノ」と呼ばれた、いじめられっこでおじくそ(臆病者)の少年キラが、不思議な冒険を通じて勇者になっていくストーリー。

中身は、ヨガの呼吸法や瞑想、アドラー心理学、引き寄せの法則、ワンネスの考え方、チャクラの要素などなど、様々な心理学的アプローチを...続きを読む織り交ぜており、すごく上手に分かりやすくまとめられている。

逆に言えば、すべて承知の内容だったので、真新しさはないのだけど、小難しい本と比べると断然分かりやすく、すっと心に入ってきやすいのではと思う。

ブルーの髪の毛という設定、葉山という設定が好き。
英語表記されている「MINAMOTO, TANDEN,HARA,tamashii,IMA“KOKO”」もいいなって思う。

赤(恐)
丹田に意識を向けて、ライトボールをイメージし、その中で呼吸を深くする。呼吸法によるリラックス効果。

オレンジ(寂)
わくわくする、体が軽くなる道を選択する。損得勘定や周りに合わせるのではなく、自分のワクワク羅針盤を作動させる。

黄(怒)
役者が役作りをするように、自分が目標とする役を先に演じ成りきる。勇者ならどんな選択をするか、どんな発言をするか。ライフシナリオを書き、その主人公に成りきる。そうして周波数を先取りする。

緑(妬)
感情が先(フィルム)で、現実がそれを映し出している(映写機)。時差があるので気付きにくい。
嫉妬など、どんな感情も中立な周波数、エネルギーであり、ポジティブでもネガティブでもない。色と形で硬さ重さをつけて頭の中でイメージして手放すとそれらから解放される。
感情が形にならない時は、3つの中の何かが起きているサイン。
①感情を嫌っているとき
②その感情を感じる自分を裁いているとき
③その感情が現実の出来事のせいだと思っているとき

青(哀)
誰もがその人にしかない独自の才能、ソウルビジネスをMINAMOTOから授かって生まれてきている。ソウルビジネスが仕事になる人もいれば、仕事にならなくても趣味になる人もいる。ソウルビジネスはtamashiiの表現。
自分だけのソウルビジネスを生きることで人生は生きがいに満ちたものになる。
足りないものを補い合って「一人ひとり」が「ひとつ」になる。

紺(我)
Do(行動)よりBe(あり方)が先。
自分はダメだという前提で物事にトライするのか、自分はできると信じてチャレンジするのか、前提が違うだけで、結果が大きく違ってくる。
どんな自分にもOKを出す。全肯定してみる。

紫(空)
目の前にあらわれる、どんな人物も自分を映し出す鏡。嫌いな人、苦手な人があらわれたときは、切り離した自分の部分を取り戻すチャンス。赦しは最強のパワー。目の前の相手を赦したとき、自分のその部分も赦され戻ってくる。
どんな出来事、どんな人物もありのままを受け止めてみる。すべては「ひとつ」から成り立っている。愛を感じるために、分離しているだけなのだと気付く。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年12月22日

言われてることは、自己啓発本などでよくあるようなこと。でも、わかりやすい文章なので、実践してみようかなって気持ちになります。私にとっては、いいタイミングで読むことができて、よかった本でしたけど、もし10代の頃に読めてたら、どうだったかなぁなんて思ったりもしました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年09月29日

チャクラと同じ色の玉ですね
ドキドキ、ワクワク、はらはらしながら
あっという間に読み終わりました。

キラとリク
だけじゃなくって、皆にすてきな未来が
あることを再認識させてくれました☆

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年08月07日

青い髪にコンプレックスを持つ少年キラがスポーツ万能で頭もいい少年リクとともに伝説のアークを目指す冒険を描いた一冊。

キラとリクの成長に没入することができ、非常にすらすらと読むことができ、またストーリー仕立てになっていますが、僕らが生きていくうえで大事なことがたくさん書かれていました。
そして、経営...続きを読む者が行動するにおいて大事にしていた心構えも時折書かれており、そちらも読んでいて参考になりました。
また老師やエリカなどのキャラもまた二人の成長に大きく関わっており、そのやりとりもストーリーを味わい深いものにしていると感じました。

恐、寂、怒、妬、哀、我、空の7つのストーン、そしてアークである剣、玉、鏡とすべてに意味があり、そしてそれは僕たちが生きていく事に繋がっていること、そして誰もが存在意義があり、自分に自信を持って生きることの大切さを強く感じた一冊でした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年05月23日

山手線の窓に張り付けられた広告に興味を惹かれ購入した。
読者からの感動の手紙に興味が湧き、自分も読んでみようと思った。
本書のメッセージは、ポジティブなセルフイメージを持て、ということ。ネガティブなイメージでは何も成功することができない。
現在、人間関係に悩んでいる私には以下のメッセージが心に響いた...続きを読む
「目の前にあらわれる、どんな人物も自分を映す鏡じょ。嫌いな人、苦手な奴があらわれたときは、切り離した自分の部分を取り戻すチャンスなんじぇ。してはいけないことをやってるズルい人、すべきことをやっていない怠け者、正義を振りかざし人を裁く偽善者、欲望に走り人を騙す悪人、否定したいだろうが全部、自分自身の陰の部分を見せてくれておるだけじゃ。赦しは最強のパワーじぇ。目の前の相手を許したとき、自分のその部分も赦されて戻って来る。反対もしかり。自分自身の嫌な部分を赦していくと、嫌いな人はいなくなる。裁かれ切り離された部分がない人格ほどパワフルなものはない。それこそが真の勇者じょ」

また、最近の私のマインドセットを振り返ると、ずっと失敗することを前提に仕事をしていた。
明日からポジティブな発言をしていく。そんな決意をさせてくれる良書。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年02月29日

 コンプレックスを抱えた少年が冒険を通して自分を変えていくヒントを手に入れながら成長していく物語。

 冒険物のファンタジー小説でありながら、自分を高めていくヒントが詰まった自己啓発的な作品で、それぞれの2つの面から楽しめました。

 コンプレックスを克服することはとても難しく悩ましいことですが、こ...続きを読むの本を読むとそのコンプレックスを受け入れることの大切さが伝わってきました。

 自分もちょっと自分が好きになれる気がする本でした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年02月16日

きら、りく、そして母がかりん…。
そっちに気を取られたけれど。
青い髪ってきれいって思うと思うのは、違うだろうか…。

このレビューは参考になりましたか?