【感想・ネタバレ】丸山眞男をどう読むかのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年06月27日

「丸山眞男における具体的な民衆像の欠如」という一文、そしてそれをもたらす丸山の「民衆の生活への異和感」を指摘したのは、本著者の質実な生活が可能にした極めて重大な、決定的な指摘。それだけで十分価値ある一本。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月07日

丸山の思想は学問に向かっているから一般庶民、生活者の視点からするとわからない。それでも学術論文としてはわかりやすい。
理解できるようになるためには不断の努力が必要。日本を代表する知性なんだから当たり前のことです。
丸山は行動する大学教授だ。
ナチスには独裁者がいて、日本にはいなかった。どちらが良い悪...続きを読むいとは一概には言えない。ナチスではユダヤ人迫害があり、日本は南京虐殺があった。そんなことは百も承知で丸山は、独裁者の不在、独裁観念の欠如をもって、ナチスに対する軍国日本の意識の遅れをいう。独裁の前提となる「自由なる主体意識」の存在が丸山にとってどんなに大きな意味を持っているか象徴している。

このレビューは参考になりましたか?