【感想・ネタバレ】患者に言えない医者のひとりごとのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年06月30日

米山公啓さんの「患者に言えない医者のひとりごと」、2012.6発行です。医者とメディア、健康のこと、医者の仕事、医者の不思議な世界 の4つの章立てです。1章と2章が役立ちました。①医者のベストセラーは極論がもてはやされ、タイトルも極端なものが多い。内容も単純化され、これだけをやればいいなどという暴論...続きを読むも見かける。人のからだ、人の活動には「バランス」が必要! ②今、最も確実な健康法はウォーキングで良いことずくめ。継続できる環境を作れるかどうかがポイント。③筋力は30歳がピーク。老化は筋力から。スクワットなどを

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年09月21日

著者は現役開業医。医師にとっては経営に直結するような内容も結構ある。決して患者には言いたくないはずなのだが、健全な医療の発展を願い敢えて直言している。「風邪薬は風邪には効かない。医者なら誰でも分かっている常識。」「大学の医学の研究は、ほとんどが研究のための研究であり、世の中を変える、医学を変えるとい...続きを読むう類のものでは全然ない。」「ぽっくり死ぬのは非常に難しい。故に死ぬのは癌に限る。脳梗塞や認知症では介護の期間が長すぎる。」などなど、よくぞ言ってくれたというものが延々と続く。蒙を啓かれ新たな地平が拡がった。

このレビューは参考になりましたか?