【感想・ネタバレ】トヨタで学んだ動線思考――最短・最速で結果を出す のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年10月08日

働き方改革で、動線のことを考えるということが新鮮でした。
確かに、一つの作業と合わせて他の作業が出来るのとは、非常に効率的だと思います。これを意識して明日から仕事に向かってみます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年07月28日

働き方改革で残業が減った中で、仕事の質は落とせないというのが相当難しい、と思っていた中で、この本を読んだ。
結論としては、あらゆる"動線"を見直せば、時間を捻出できるのでは、と感じることができた。
やるべき事が整理できれば、後は自ずとそれに従って行動、発言すれば良い。
逆に、それ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年12月04日

仕事や業務、思考などの動線について、考え方や具体的な解決事例が載っていて、どうしたら早く出来るかを突き詰めた本だった。デスク周りでは3定(定品、定量、定置)の意識、業務では3ム(ムダ、ムリ、ムラ)の排除など、ルールを意識する事で、最短の動線を習慣づけることが大事だと感じた。資料を探すときには、10秒...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年07月25日

トヨタで学んだ動線思考 最短・最速で結果を出す

*時間は動作の影だ

*動作経済の4原則
①仕事をするときには両手を常に同じ業務に充てること
②必要な基本動作の数を最小にすること
③個々の動作の距離を最短にすること
④動作を楽にすること

*孫子の兵法のひとつに四路五動という言葉があるそうです。こ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?