【感想・ネタバレ】アウトラインから書く小説再入門 なぜ、自由に書いたら行き詰まるのか? のレビュー

価格 1,526円 (税込)
4.2
6件
  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年10月14日

・発想の幅を広げる「もしも」クエスチョン

・人物アーク p97

・ステークを高く保つ p100

・バックストーリーの適度な使い方 p131

・人物インタビュー・質問リスト p140

・舞台設定に関する質問 p164

・読者は誰で、誰の主観で書くか p180

・続きが知りたい!と読者に言...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年06月21日

自分自身、アウトラインからプロットを作って書いていく方式を取っているので、他の人はどんな風に書いているのかな、と知りたくて読んでみた本。
自分がやってるやり方はかなりアバウトだったんだな~と思った。この本の中で書かれているやり方は、かなり緻密で、キャラクターのバックグラウンドまで細かく設定して…とい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年09月05日

ざっくりと1回目読み終わり。何度か読み返すつもり。
「アウトライン」と題名に書かれているからOutliner関連かと思ったら、普通にプロット作成の技術書だった。

一番知りたかった「何も決めずに自由に書いたらなぜ行き詰まるのか」は明確にはかかれておらず、「プロットがしっかりしていないから」というのが...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年01月05日

アウトラインを書くと、書く楽しみが奪われる?
書く楽しみはアウトラインを作っている時に発生する。
初稿はディティールに凝ることができる。

カレンダーを意識する
書き上がった作品の日数を数えた時、1週間が9日もあったら最悪

「もし~したら?」でストーリーを考える。

人物に起こり得る最悪の出来事を...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年09月01日

ストーリーを書くのに、道しるべとなる物をいかに事前に用意しておくべきかという内容。確かにアウトラインがあると行き詰まったときに後戻りしやすい。ただ本書にも書いてあったが書く楽しみが減ってしまう可能性もあるので、そことどうつきあっていくかというのが課題になりそう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年08月26日

プレミス
プロットとテーマを伝える一つの文

ほとんどのプレミスは「もし〜したら(what if)」という疑問で始まる

煮詰まったら質問形式で考える

動機・欲望・ゴール・葛藤・テーマの5要素をプロットに割り当てる

記憶に残る人物アークを作る
・人物に欠点や不完全さのある状態でストーリーを始める...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?